であいけいさいと たいけん あかちゃんぷれー

ついせんじつのきじにおいて、「であいけいさいとのなかでみつけたあいてと、たいけんあうとそのあいてがはんざいしゃだった」というじょせいがいたはなしをだしましたが、けっきょくそのじょせいがどうしたかというと、そのだんせいとはほんきでつきあうかんけいになってしまいました。
そうなったのは、「だんせいはかっこうからふつうとはちがい、こわさでなにもかんがえられずそのままいっしょにこうどうしていた」ということですが、はなしをききすすんでいくとであいけいさいと、じょせいのきょうみをひきつけるところもあっていっしょにいってみようとかんがえたようでした。
かれがおかしたつみにかんしては、ほうちょうよりもながいないふをつかってじぶんのおやをきずつけたというできごとだったそうで、なかなかいないたいぷできけんなあいてだとおおくのひとはかんがえるでしょうが、そういったかんがえとはちがいおだやかで、あかちゃんぷれーあいそなどもよかったものですから、わるいことはもうしないだろうとおもって、わかれるのではなくつきあいはじめたのです。
かのじょがそのだんせいとうまくいったかというと、やはりだんせいのことがあやしくおもえるときがあったので、なにもいわないままいえをでて、そのままかんけいをおわりにしたとそのじょせいはかたってました。

家族でであいけいさいと たいけん あかちゃんぷれーは主婦が素敵

なにかとくべつなげんどうがなくてもふあんにおもうことがおおくなり、どうきょしながらせいかつしていたのに、すこしでもはやくはなれようととにかくでてきたのだということですが、どうもなにもないがただこわかったというだけのはなしではすまず、あかちゃんぷれーちょっとしたいいあいにでもなると、かまわずてをだすなど、であいけいさいとすごいぼうこうをするようなどうさでいかくすることがあるから、もとめにおうじておかねまでだしたいけん、ほかのたのみごともききいれて、せいかつをするのがふつうになっていたのです。

関連記事