てれふぉんせっくす むりょうけいじばん とやまけん せっくすふれんど

であいけいさいとにかんして、てれふぉんせっくすのめりこんでいるひとはふつうどんなことをけいじばんやめーるをかくのか。
きになるぎもんをこたえるべく、ここで、ねっとじょうでちょうさいんをそろえとやまけん、とないのかふぇでいんたびゅーをかんこうしました。
まねいたのは、しょっちゅうであいけいさいとからりようをしているごにん。

40代男性のてれふぉんせっくす むりょうけいじばん とやまけん せっくすふれんどを読んでみる

だんせいからみていくと、かいしゃいんをしているA、りこんしてこどもをひきとったB、ほすととしてはたらきはじめたばかりのC、じょせいのほうはというと、けいびいんとしてぎょうむにあたるDとやまけん、ぐらどるとしてはたらきはじめたEをくわえて2にんです。
だいいちにむりょうけいじばん、ひっしゃからさんかしゃぜんいんに、かんたんなあんけーとにさんかしてもらい、そのこたえからむりょうけいじばん、ほりおこしていくからだでいんたびゅーしました。
ひっしゃ「はじめに、てれふぉんせっくすあんけーとにこれまでであいけいさいとでしりあいになっただんせいがじゅうにんをこえるとこたえたEさんにきいていきたいんですがむりょうけいじばん、どんなかんじでだんせいじゅうにんごえをこうりゅうをはじめたんですか?
E(かけだしのぐらどる)「わたしのほうしきですが、まいにちめーるするあいてをかえていくんです」

裸足のてれふぉんせっくす むりょうけいじばん とやまけん せっくすふれんどの使い方

ひっしゃ「べつのあいてっていいますが、せっくすふれんどまいにちべつのだんせいにちがうだんせいとのりかえるってことですか?」
E「やるきなくすんです。ほかにはとやまけん、もっとほかのひとでいいひとみつけたほうがいいなっておもったらせっくすふれんど、れんらくさきをぜんぶさくじょしちゃう。まためーるがきても、ねっとだし、あいてにかぎりをつけなくていいっておもって1かいしかあわない」
じゆうにふるまうEさんのことばをうけて、「そんなにうまくいくものなんだ」とざわつくCさん、Dさん。

お年寄りに聞きたいてれふぉんせっくす むりょうけいじばん とやまけん せっくすふれんどがテレビ出演

つづいて、Aさんがいんぱくとのつよいたいけんをひっしゃにかたりだしました。

関連記事