にいがたてれほんせっくす ふりんさいとけんさく

らいたー「ひょっとして、げいのうにかんけいするなかでしゅぎょうせいかつをおくっているひとってさくらでせいけいをたてているひとがおおぜいいるのでしょうか?」
E(とあるげいのうじん)「そうだといいますね。さくらのしごとないようって、しふとほかにくらべてゆうずうがきくし、にいがたてれほんせっくすぼくみたいな、きゅうにいいはなしがくるようなしごとのじんしゅにはひつようなしごとなんですよ。よそくできないあきじかんにできるし、ふりんさいとけんさくかわったけいけんのひとつになるし…」
C(ぼうゆうめいあーてぃすと)「きちょうなけいけんになるよね、ふりんさいとけんさくじょせいのきゃらくたーとしてえんじるのはひとくろうだけどじぶんたちはだんせいだからにいがたてれほんせっくす、じぶんのたちばからいわれたいことをむこうになげかけてやればいいわけだし、だんせいしんりはおみとおしだから、だんせいもやすやすとだまされますよね」
A(めんきゃばつとめのだんせい)「いがいにも、おんなでさくらをやっているひとはゆーざーのしんりがわかってないからぶっちゃけじょうずではないっすよね」

にいがたてれほんせっくす ふりんさいとけんさくでの女の特徴

らいたー「おんなのこのさくらより、おとこのさくらがゆうしゅうなのですか?」
D(とあるげいのうじむしょざいせき)「はい。すぐれたけっかをだしているのはだいたいだんせいです。しかし、ぼくはおんなのやくをつくるのがにがてなんで、いっつもこっぴどくしかられてます…」
E(あるげいにん)「さいしょから、ほらふきがのしあがるわーるどですね…。じょせいをえんじるのがたいへんで…おれたちもくろうしてます」

検索情報ではにいがたてれほんせっくす ふりんさいとけんさくへの憧れ

ひっしゃ「じょせいになりきってやりつづけるのも、にいがたてれほんせっくすいろいろとたいへんなんですね…」
じょせいのじんかくのなりきりかたについてのはなしにはながさくいちどう。
とちゅう、あるはつげんをきっかけとして、じしょうあーてぃすとのCさんへのちゅういがあつまりました。

関連記事