Mこみゅとは ちゅうねんのであい

ふしんかんがせけんなみにあればそんなだんせいとはであうことはないのにとよそうがいのことなのですがよくいえばくりーんでうたがうことをしらないおとめごころのかのじょたちはきけんなあいてだときづいてもそのあいてにみをゆだねます。
いぜんにたくさんのじょせいがぼうりょくじけんのとばっちりをうけることになりしんでしまったりしているのにしかしながらそんなふうなにゅーすからじぶんにはおこらないというじょせいたちはいやなよかんをうけながしてあいてにいわれるがままいわれたとおりになってしまうのです。
まえにのべたようにかのじょのみにおきた「ひがい」は、ちゅうねんのであいたいへんなはんざいひがいですし、いうまでもなくほうてきにせいさいすることがきる「じけん」です。

春だ!出会いだ!Mこみゅとは ちゅうねんのであいに挑戦する

なぜかであいけいさいとにさんかするおんなのひとは、おかしなことにききかんがないようでMこみゅとは、あたりまえであればすぐにてきせいなきかんにうったえるようなことも、かわりなくうけながしてしまうのです。
さいごにはMこみゅとは、かがいしゃはこんなわるいことをしてもばくろされないんだめんじてもらえるならどんどんやろう」と、ちゅうねんのであいてんぐになってであいけいさいとをやくだてつづけ、ひがいしゃがあとをたたないのです。
「だまってゆるす」とおもうことは、ちゅうねんのであいおおらかなひびきがあるかもしれませんが、そのところいきこそが、はんざいしゃをいいきにさせているということをまずみつめなければなりません。

40代の私がMこみゅとは ちゅうねんのであいで気を付けるべきポイント

ひがいをうけたそのときはさっさと、けいさつでも1えんもかからずMこみゅとは、はなしをきいてくれるまどぐちでもよくもわるくもはじめにそうだんしてみるべきなのです。

関連記事