おおさか げい ちゅうねん けいじばん ひとづま ぎゃくえんじょ

ぜんかいしょうかいしたはなしのなかではおおさか、「であいけいさいとでやりとりしていたあいてと、たのしみにあいにいくとはんざいしゃだった」となったじょせいについてわだいにしましたが、このじょせいがどんなこうどうをしたかというとちゅうねん、そのだんせいとおわるどころかつきあうことになったのです。
りゆうとしては、おおさか「ふくそうがすでにやばそうで、ひとづまことわることがこわくなってひとまずついていっただけ」とのはなしだったのですが、さらにいろいろなはなしをきいたところ、みりょくてきなところもたくさんあったのでそのままいっしょにいったところもあったようです。
かれのはんざいのないようというのもけいじばん、けっこうなながさのあるはものをつかってじぶんのおやをさしたというものだったのですからげい、きけんだとかんじてもおかしくないとこころのなかではかんがえるばあいがあるでしょうが、それほどかわったところもないようで、こどもなどにはやさしいぐらいでしたから、きんちょうしなくてももんだいないとおもい、こうさいがはじまっていったというはなしなのです。

おおさか げい ちゅうねん けいじばん ひとづま ぎゃくえんじょはヌード?

そのかのじょがだんせいとどうなったかというと、きがつくとふしんなこうどうをしているときがあったのでぎゃくえんじょ、なにもはなしあいをせずにでていき、げいかかわりをなくすことにしたとほんにんはいっていました。
とくにいからせることがなくてもつねになーばすになっていたので、ふたりでいっしょにくらしていたばしょから、ひとづまじぶんかってだとおもわれてもいいのでくもがくれをしたということなのですが、けいじばんどうやらきょうふをかんじるようになったこともほんとうのようですがほかにもおおさか、おちついてはなしあうこともできずけいじばん、てをだすほうがはやかったり、ひどいらんぼうもきにせずするようなしぐさをなにかとみせるからちゅうねん、ようきゅうされればおかねもだすようになり、ぎゃくえんじょようきゅうされればほかのこともして、ぎゃくえんじょしばらくはせいかつをしていったのです。

関連記事