そくじつ であい さいたまけんにゅーはーふであい

「であいけいさいとうんえいがわからたくさんめーるがきてすとれすになっている…どうしたらこうなるの!?」と、あわててしまったおぼえのあるほうもめずらしくないのではないかとおもいます。
ひっしゃもそういうたいけんはありますが、そういっためいわくめーるにてこずるけーすは、つかったであいけいさいとがであい、しらないうちになにかしょかにまたがっているかのうせいがあります。
なぜなら、さいたまけんにゅーはーふであいたいていのであいけいさいとはであい、さいとのぷろぐらむによって、ほかのさいとにのっているあどれすじょうほうをまるごとべつのさいとにもあかすからです。
とうぜんながらこれはとうろくしているひとがにーずではなく、さいたまけんにゅーはーふであいしらないあいだにとうろくされるばあいがほとんどなのでそくじつ、とうろくしたほうも、まったくしらないあいだになにかしょかからめいわくめーるが

確率が高いそくじつ であい さいたまけんにゅーはーふであいを使う理由とは?

さらに、じどうとうろくされるけーすではたいかいすればいいだけのこととすきだらけのひとがおおいのですが、たいかいしたとしてもむいみです。
とどのつまり、さいとをやめられず、ほかのところにじょうほうがながれたままです。
せっていをいじってもたいしたいみはありませんし、であいまだきょひせっていにされていないたいりょうのあどれすからめーるをおくってくるだけなのです。
ひになんびゃくつうもおくってくるばあいは、そくじつためらわないでしようしているめーるあどれすをちぇんじするしかないのできをつけましょう。

関連記事