おんなともだち せっくす やまなし かみまち

さきごろのきじのなかにおいて、「きっかけはであいけいさいとでしたが、いちおうあってみたらはんざいしゃだとわかった」とそうぞうとちがうてんかいになったじょせいのはなしをしましたが、じょせいがいやになるとおもうでしょうがやまなし、そのだんせいをきらうのではなくつきあうことになったのです。
そのじょせいとしては、おんなともだち「だんせいがやくざにしかみえず、どうしてよいかわからないままついていくしかなかった」といっていましたが、さらにはなしをきかせてもらったところ、こわいものみたさというぶぶんもあってわかれようとしなかったようなのです。
だんせいにぜんかがあるというはなしも、ふつうはもっていないようなおおきめのはものでさしたあいてはじぶんのおやというじけんですから、きけんだとかんがえるのがとうぜんかもしれないとおもうひともすくなくないでしょうが、じっさいにはなすとおんこうそうなひとで、じょせいにたいしてはやさしいところもあったので、きをゆるせるあいてだとおもってかみまち、ふつうにつきあうようになっていったとのことです。

おんなともだち せっくす やまなし かみまちの見つけ方

そのじょせいはそのままつきあいつづけたかというと、ときおりそのあいてがあやしげなうごきをしていたので、あやしまれないようにだまっていえをでておんなともだち、けっきょくはわかれることにしたとそのじょせいはきめたそうです。
ほかにだれもいないとおもうだけでもいあつされているようにかんじ、せっくすいっしょにどうせいしていたいえから、かみまちきづけかれるまえにとおくにいこうとでていったというはなしなのですが、やまなしみためやふんいきのこわさがあっただけではすまなかったようで、せっくすふつうにはなしあおうとおもっても、てをあげてだまらせたり、かみまちはげしいぼうりょくにうったえるようなそぶりをわざとみせてくるので、じょせいはおかねもわたすようになり、いろいろなたのみをことわらずにして、そのじょうたいをうけいれてしまっていたのです。

関連記事