とやまけん えんこう ふりんきぼう じょせい

おどろくことにまえけいさいしたきじで、「きっかけはであいけいさいとでしたがとやまけん、ちょくせつあうことにしたらはんざいしゃだった」とそうぞうとちがうてんかいになったじょせいのはなしをしましたが、じょせいけっきょくそのじょせいがどうしたかというとふりんきぼう、そのだんせいとのかんけいがしんてんしていくことになったのです。
ほんにんとしては、「なにかありそうなだんせいでえんこう、こわさでなにもかんがえられずおそるおそるついていくことにした」ということですが、さらにくわしくきいてみると、かのじょもみりょくをかんじるぶぶんがありそのままいっしょにいったところもあったようです。
そのかれがどういったつみだったかというとじょせい、けっこうなながさのあるはものをつかってまさにじぶんのおやをさしたものだったので、あぶないとかんじることがあるだろうとおもうひともすくなくないでしょうが、はなしてみるとふつうのひととかわらず、けっこうしんせつにしてくれるところもおおく、ふりんきぼうわるいことはもうしないだろうとおもって、とやまけんこいびとかんけいにはってんしていったのです。
そのだんせいとつきあいがつづいたかというと、やはりだんせいのことがあやしくおもえるときがあったのでふりんきぼう、わからないようにそっといえをでて、そのままかんけいをおわりにしたということでした。

ネット恋愛が楽しめるとやまけん えんこう ふりんきぼう じょせいでやらかしてしまった体験談

とくにいからせることがなくてもきょうふをかんじるようなじょうきょうで、きょうどうでせいかつしていたものの、とやまけんおってこられてもこまるのでかくれるようにできるだけいそいででていったということですが、えんこうみためやふんいきのこわさがあったというぶぶんがいちばんのもんだいではなくえんこう、おちついてはなしあうこともできず、はなすよりてをだすようになりじょせい、らんぼうをしようとするかんじのそぶりをわざとみせてくるので、おかねにかんしてもじょせいがだすようになり、たのまれればほかのこともやってあげて、ずっとくらしていたというのです。

関連記事