たかまつ せふれ すわっぴんぐ ぼしゅう けいじばん

らいたー「もしかすると、げいのうじんをめざしているなかでしゅぎょうをしているひとってさくらでのしゅうにゅうにたよっているひとがいっぱいいるのでしょうか?」
E(とあるげいにん)「そうだときいています。さくらのおかねかせぎって、すわっぴんぐしふとひかくてきゆうずうがきくしせふれ、おれたちみたいなすわっぴんぐ、きゅうにだいやくをたのまれるようなしょくぎょうのじんしゅにはまさにもとめているものなんですよ。よそくふのうのあきじかんにできるし、ぼしゅうじんせいけいけんのひとつになるし…」
C(とあるゆうめいあーてぃすと)「ありがたいけいけんになるよね、おんなのことしてやりとりをするのはくろうもするけどわれわれはだんせいだから、せふれじぶんがいわれてうれしいことばをむこうにつたえればいいわけだし、だんせいのきもちをわかっているから、けいじばんあいてもよういにのってくるんですよね」

正直言ってたかまつ せふれ すわっぴんぐ ぼしゅう けいじばんは中学生からの付き合い

A(めんきゃばきんむのだんせい)「そうぞういじょうに、じょせいがさくらをやっていてもだんせいのこころがわかってないからぶっちゃけまとはずれっすよね」
ちょしゃ「じょせいのさくらより、たかまつだんせいのさくらのにくらべてよいけっかをのこしているのですか?」
D(とあるげいのうじむしょざいせき)「えぇ、そうです。ひいでたけっかをのこしているのはだいたいだんせいです。しかしながらたかまつ、ぼくはおんなのやくをえんじるのがへたくそなんで、すわっぴんぐいつもいかられてます…」
E(とあるにんきげいにん)「しられているとおりせふれ、しょうじきじゃないものがせいこうするわーるどですね…。じょせいになりきるのがおもいのほかたいへんで…ぼくたちもくろうしてます」

男性が多いたかまつ せふれ すわっぴんぐ ぼしゅう けいじばんの世界観

ひっしゃ「じょせいのじんかくをえんじつづけるのもたかまつ、そうぞういじょうにくろうするんですね…」
じょせいきゃらくたーやくのどうやってだましとおすかのはなしでもりあがるかのじょら。
そんなかいわのなかで、ぼしゅうあることばをきっかけに、けいじばんあーてぃすととじしょうするCさんにちゅういがあつまったのです。

関連記事