にゅーはーふであいおおさか ふうふこうかん さっぽろ

おとなのさいとというのはそれをまもるひとがいる、そのようなはなしをねっとでしったひとも、さっぽろいっていすういるかとおもわれます。
だいいちに、にゅーはーふであいおおさかであいけいさいとうんぬんいぜんに、ねっとじょうのさいとというのは、ひとをころすやりとり、ひごうほうなしょうばい、じょしこうせいをねらうあくしつこうい、このようなゆるしがたいやりとりが、ふうふこうかんあたりまえようにそんざいしているのです。
こんなひれつこういがのばなしになるのは、まずありえないことですし、にゅーはーふであいおおさかこれらのじあんだけにかぎらずてっていてきにとりしまらないといけないのです。
ねっとせかいでもひつようなじょうほうをけっしてむずかしいことではないので、そのごかいじせいきゅうをすることで、じんそくにいばしょをつきとめ、そこでごようとなるわけです。

ネットでにゅーはーふであいおおさか ふうふこうかん さっぽろブログ

なんだかこわいととごかいしてしまうひともごくいちぶいるようですがふうふこうかん、ばんぜんのたいさくをしてこじんじょうほうをさいゆうせんにかんがえ、はんいをこえるようなそうさはしないようにきをくばりながら、はんざいしゃをとくていするわけです。
こんなじだいはいけいから、こんなじけんやこわいじだいになってしまった、さらにじだいがあっかしているといいはなっていますが、ちあんいじにつとめおおきなはんざいもねんねんへっており、さっぽろわかもののひがいもけっしておおいわけではないのです。
ねっとじょうのさいとは、どんなときでも、かんけいしゃがけいごしているのです。

にゅーはーふであいおおさか ふうふこうかん さっぽろが必要だ

もちろんさっぽろ、こんごはよりそうさがつとめるでしょうし、ねっとでのひがいしゃはすくなくなるであろうとはっぴょうされているのです。

関連記事