きすだけのかんけい らいん けいじばん かみまち

ひっしゃ「いきなりですがらいん、さんかしゃがであいけいさいとをりようしてじょせいとあうようになったいきさつをAさんからおしえてください。
めんばーをしょうかいすると、こうこうをそつぎょうしないまま、ごねんかんすごもりせいかつをしているA、せどりでしゅうにゅうをえようとかんがえているもののまだうまくはいっていないB、きぼのおおきくないげいのうじむしょでれっすんをうけてあくしょんはいゆうをしぼうしているC、であいけいさいとならなんでもござれといってゆずらない、てぃっしゅをくばっているD、くわえて、しんじゅくにちょうめでみずしょうばいをしているE。
5にんともじゅうだいのぜんはんです。

きすだけのかんけい らいん けいじばん かみまちが最強です!

A(じたくけいびいん)「おれはひきこもってるんですけどらいん、ねっとをしていたらいいかんじのこをみつけたらむこうからあぷろーちくれたんですよ。それから、けいじばんさいととうろくをしてくれたらちょくせつれんらくとるほうほうおしえるってことだったので、とうろくしたんです。それからはそれっきりでした。ただ、ほかのじょせいともなんにんかであえたので」
B(せどりに)「とうろくしてあんまりじかんがたってないじきは、じぶんもめーるあどれすがほしくて。じょゆうみたいなるっくすのひといて、たいぷでしたね。ちょくではなしたいからさいとにとうろくして。そのさいとにかんしては、かみまちさくらがおおいってひょうばんだったんですが、かみまちちゃんとじょせいもいたので、まえとかわらずにりようしています。
C(はいゆうしぼう)「わたしにかんしてですがけいじばん、いろいろなきゃくたーをつくるのにいいかとあかしゅとくしました。であいけいさいとりようにふかみにはまっていくやくをもらったんですが、いらいつかうようになりました」

彼女とはきすだけのかんけい らいん けいじばん かみまちにしてほしい3つの項目

てぃっしゅくばりのD「ぼくのたいけんですがきすだけのかんけい、さきにりようしているゆうじんがいて、はなしをきいているうちにはじめたかんじですね」
それから、らいんめであるEさん。
このひとなんですが、きすだけのかんけいおかまだったのできすだけのかんけい、たんてきにいってとりたててはなすほどではないかと。

関連記事