りったいおんきょう えろ おおさか せふれ けいじばん

ぜんかいのきじをよんだとおもいますが、「しるきっかけがであいけいさいとだったものの、けいじばんやったとおもっていたらはんざいしゃだった」といったけいけんをしたじょせいのはなしがありましたが、けいじばんじょせいがそのごどうしたかといえば、そのだんせいとふつうにこうさいをはじめることになってしまいました。
なぜかというと、「だんせいのめつきがするどくて、たったらやばいとかんじいっしょにいくことになった」といいましたがえろ、よりしょうさいにはなしをきいていたら、えろかのじょとしてもきょうみをもつところがありことわらなくてもよいとおもったようです。
そのかれがどういったつみだったかというと、たんとうとよべるようなさいずのはものでさしたあいてもおやだったというはなしだったのでおおさか、ふかこうりょくなどではなかったとおもうばあいもあるでしょうが、じっさいはおだやかにかんじたようでりったいおんきょう、やさしいぶぶんもいろいろとあったので、もんだいなどおこらないだろうと、こいびとかんけいにはってんしていったのです。

冬だ!出会いだ!りったいおんきょう えろ おおさか せふれ けいじばんの心理とは

そのじょせいがそのごどうしたかというと、えろどこかふしんにおもえるうごきもみせていたので、おおさかわかればなしなどせずにでていきりったいおんきょう、だんせいとはわかれることにしたのだということになったのです。
おなじへやですごすということがすでにあんしんするひまがなくなり、きょうどうでせいかつしていたもののせふれ、とうぼうするかのようににもつもかんたんなものだけででてきたとのはなしですが、どうやらいっしょにいるときょうふかんがつよかったというぶぶんもたしかにあったようですが、くちげんかだったはずなのに、ちからにたよろうとしたりおおさか、ぼうりょくでどうにかしようというそぶりをすることがふえたからせふれ、おかねがひつようになるとわたしてしまい、りったいおんきょうほかのようきゅうもことわることをせず、そういったじょうきょうでのせいかつをつづけていたのです。

関連記事