ゆうりょうらいんけいじばん ふりんあいて みつける

ひっしゃ「もしかすると、げいのうじんのせかいでゆうめいでないひとって、さくらでおかねをつくっているひとがおおいのですか?」
E(げいにんのひとり)「そうだとおもいますね。さくらでせいけいをたてるって、しふとほかにくらべてじゆうだしふりんあいて、おれたちみたいな、きゅうにいいはなしがくるようなたいぷのじんしゅにはもとめているものなんですよ。いれぎゅらーなあきじかんにできるしけいけんのひとつになるし…」
C(あーてぃすとのひとり)「けいけんのひとつになるよね、ゆうりょうらいんけいじばんじょせいとしてやりとりをするのはまったくやさしいことじゃないけどじぶんたちはおとこめせんだから、じぶんがうれしいことばをあいてにおくればいいわけだし、ゆうりょうらいんけいじばんだんせいしんりはおみとおしだからみつける、あいてもよういにだまされますよね」
A(めんきゃばきんむのだんせい)「よそうにかえして、おんなのこでさくらをやっているひとはさくらはりようしゃのしんりがわかってないからぶっちゃけへたくそっすよね」

ゆうりょうらいんけいじばん ふりんあいて みつけるは何番目なのか?

らいたー「おんなのこのさくらより、おとこのさくらがせいせきがうえなのですか?」
D(とあるげいのうじむしょかんけいしゃ)「はい、そうですね。すぐれたせいせきをのこしているのはだいたいだんせいです。しかしながら、ぼくはおんなのきゃらくたーをつくるのがにがてなんで、いっつもしかられてます…」
E(とあるげいにん)「いうまでもなく、ほらふきがせいこうするよのなかですね…。じょせいをえんじるのがたいへんで…おれなんかもくろうしてます」
らいたー「じょせいになりきってつくりつづけるのもふりんあいて、いろいろとたいへんなんですね…」

煌びやかなゆうりょうらいんけいじばん ふりんあいて みつけるを好きになったのは?

じょせいゆーざーのどのようにしてえんじきるかのはなしでもりあがるかのじょら。
そのなかで、みつけるあるこめんとをかわきりに、ふりんあいてあーてぃすとをなのるCさんにこうきしんがあつまりました。

関連記事