うわじま えんこう かかお てれえっち

であいけいさいとなどはなくしたほうがよのさだとおもっているひとのかずがたいはんなはずなのですがであいのばとしてのさいとはいんたーねっとのせかいからなくなるどころかそのかずはぞうかしているけいこうにあります。
なので、まだねっとというもののほんとうのきょうふをしらないこどもたちは、きらくにであいけいさいとのせかいにあくせすしうわじま、まよいこんでそのままいのちにもかかわるひがいにあうこともかんがえられるのです。
ねんれいのせいげんやうわじま、けいじばんのりようせいげんのかひなど、いろいろなかたちでのせいやくがあったとしてもかかお、まだいんたーねっとのせかいは、えんこう「おさないしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうじょうきょうをいじしたままです。
であいけいというかんきょうをいんたーねっとからなくすためにはまずこのおさないしんにゅうしゃたちをはっせいさせないことがたいせつです。

アラフォーが知っておきたいうわじま えんこう かかお てれえっちパーティ

そのためにはえんこう、まずはであいけいさいとそれじたいのりようできないようにくふうすることてれえっち、そういうしつけをてっていしていくことがであいけいのげきめつにつながります。
だいたいにして、てれえっちいんたーねっとのただしいつかいかたをかんりするにんげんがこどもにおしえていくことがつうじょうのことにならないかぎり、うわじまみじゅくなせだいはであいけいさいとぎょうしゃにだまされてみちをはずすことになってしまいます。
そのあともつづけばだまされているとはきづかないこどもたちがぞうかしてしまえばかかお、いっそうであいけいぎょうしゃもそのあくしつなてぐちをかくだいさせるのです。

世界中で有名なうわじま えんこう かかお てれえっちの喜怒哀楽

だまされてしまうおさないせだいをけさないかぎりかかお、であいけいがなくなることはありません。

関連記事