ふりんしたいしゅふがあつまるばしょうつのみやし わかやま かかお

であいをもとめるねっとのばをしようしているちゅうこうねんやわかものにおはなしをうかがうと、だいぶぶんのひとはわかやま、こどくでいるのがいやだから、わずかのあいだかんけいがきずければ、かまわないというきもちでであいけいさいとをちょいすしています。
いってしまえばふりんしたいしゅふがあつまるばしょうつのみやし、きゃばくらにいくりょうきんをせつやくしたくて、ふうぞくにかけるおかねもけちりたいから、おかねのいらないであいけいさいとで、「げっとした」おんなのこでやすあがりでまにあわせよう、とおもうだんせいがであいけいさいとにはまっているのです。
それとははんたいにふりんしたいしゅふがあつまるばしょうつのみやし、おんなのこじんえいはことなったすたんすをそなえています。

乙女系男子のふりんしたいしゅふがあつまるばしょうつのみやし わかやま かかおできた体験談

「すごくとしうえのあいてでもいいから、かかおりょうりができておかねがあるかれしがほしい。であいけいさいとをやっているおじさんは100%もてないひとだから、じょしちからぶそくのじぶんでもてだまにとることができるようになるんじゃないの?ひょっとしたら、かかおかっこいいひとがいるかも、かおがわるいおとこはむりだけど、いけめんだったらつきあいたいな。だいたいのじょせいがこのようにかんがえています。
かんけつにいうと、じょせいはだんせいのがいけんかみついでくれることがめあてですし、だんせいは「おかねがかからないじょせい」をもくひょうにであいけいさいとをやくだてているのです。
にしゃとも、わかやまおかねをあまりかけずにおかいものがしたくてであいをようきゅうしているようなものです。

ふりんしたいしゅふがあつまるばしょうつのみやし わかやま かかおの7つの秘訣

そのようにして、であいけいさいとをつかいまくるほどに、おとこどもはじょせいを「うりもの」としてとらえるようになり、おんなたちもみずからを「もの」としてあつかうようにいびつなかんがえになっていくのです。
であいけいさいとにはまったひとのもののみかたというのは、じょせいをじわじわとせいしんをもたない「ぶっしつ」にしていくようなあぶない「かんがえかた」なのです。

関連記事