でんわ えっち ばんごう ふくおからんこうぱーてぃー

あたらしいであいがてにはいるばをしようしているちゅうこうねんやわかものにおはなしをうかがうとでんわ、ほぼぜんいんが、こどくでいるのがいやだから、つかのまのかんけいをもつことができればそれでかまわないというきもちでであいけいさいとのゆーざーになっています。
かなめはばんごう、きゃばくらにいくおかねをだしたくないし、ふうぞくにかけるりょうきんももったいないから、ふくおからんこうぱーてぃーただでつかえるであいけいさいとで、「ひっかかった」おんなのこでてごろなかかくでまにあわせよう、とかんがえつくだんせいがであいけいさいとというせんたくしををちょいすしているのです。
かたや、おんなたちはそういなかんがえかたをもちあわせている。

ニートでも出会えるでんわ えっち ばんごう ふくおからんこうぱーてぃーでの女性の行動

「あいてがじゅくねんでもいいから、なんでもしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいなんてやってるだんせいは100%もてないひとだからでんわ、じぶんていどのじょせいでもおもいのままにできるようになるんじゃ…!おもいがけず、でんわたいぷのひとにであえるかもふくおからんこうぱーてぃー、おじさんはむりだけどえっち、いけめんだったらでーとしたいな。じょせいのほとんどがこのようにかんがえています。
ひとことでいうと、じょせいはだんせいのみためかけいざいりょくがもくてきですし、ばんごうだんせいは「ちーぷなじょせい」をもくひょうにであいけいさいとをつかいまくっているのです。
いずれも、ふくおからんこうぱーてぃーやすくおかいものがしたくてであいをおいかけているようなものです。
さいしゅうてきに、であいけいさいとをやくだてていくほどに、だんせいはおんなを「しょうひん」としてとらえるようにになり、おんなたちもみずからを「しょうひん」としてみなしていくようにへんようしてしまうのです。

秘密のでんわ えっち ばんごう ふくおからんこうぱーてぃーの利用者とは

であいけいさいとをかつようするひとのもののみかたというのはえっち、じょせいをかくじつにこころのない「ぶったい」にしていくようないじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事