びっち けいじばん あそびにん おとす

E「なんていうか、びっちみてごらんのようにおかまだからけいじばん、であいはだいたいなくって。はんでがあるからね、ゆうきをだしてであいけいさいとをつかいこなさないと」
B(せどらーとしてもうけようとしている)「Eさんのいまのきいてきおくをたどってたんですけど」
ひっしゃ「ああびっち、どうかしましたか?」

びっち けいじばん あそびにん おとすで出会うためのステップ

「ぼくのけいけんなんですが、いちど、じょせいとおもってあってみたらおかまだったけーすあったんですよ」
さわぎだすいんたびゅーきょうりょくしゃ。
A「おれもきおくにある」
B「ほんとうなんですか?ぼくぐらいしかないだろうと。であいけいさいとですから、いわなくてもあたりまえですがじょせいとであえないかとはじめたんですけど、あそびにんまちあわせばしょきめて、こうえんへむかったら、すごいでかくてじむとおってそうなのがいて、ちょっとじょうきょうがはあくできなくてぼうぜんとたちつくしていたら、ごついおにいさんがまちあわせですか?ゆみですってはなしをはじめて」

びっち けいじばん あそびにん おとすへの気持ち

ひっしゃ「おかまにつかまった…といういいまわしはきをわるくしないかふあんですが、おとすげいにつかまったとか、けいじばんあってみたらよそうをおおきくこえていたほうは、ここではどれくらいいますか?」
てをあげてみてもらうと、びっちなんとひとりをのぞいてぜんいんおなじようなめにあったとあきらかになりました。
ひっしゃ「であいけいさいとですが、おとすじょせいのふりをしてせくまいがおおぜいいるんですね」

ちょっと分かりにくいびっち けいじばん あそびにん おとすの魅力が多い

いろんなひとがつかってるんだから。そうでもしなきゃだんせいとしりあうきかいなんてないんだから、せいべつをいつわってでもさがす。わたしもぼしゅうちゅう」
とくにきゃらのつよいめんばーがあつまりあそびにん、あとは、あついしゅちょうがもりあがりをみせました。
であいけいさいとをのぞいてみると、せいべつをとわずであいがもとめているひとがさいきんのぶーむとしてきゅうぞうちゅうのようです。

関連記事