えろ かかおID LINE けいじばん ぎふ

であいけいさいとばかりみているというひとをかんたんにいうと、えろつねにこどくをかんじているにんげんで、LINEだれにたいしてもとくに、にんげんかんけいをきずくということにかちはかいむだとかんがえてしまっているといういっぽひいたところからたにんをみています。
よくであいけいさいとをりようしているひとについてはけいじばん、そもそもれんあいというよりも、すさんだかていでそだってきていたりけいじばん、だれかとのゆうじんかんけいですらももつにいたれないというひとばかりなのです。
そういうひとたちといえばLINE、べつのかくどからみてみると、とくにへんなところもないようにみえ、なやみもなくただいきているだけにかんじてしまうところなのですが、ないめんではふくざつなおもいがあるようです。

えろ かかおID LINE けいじばん ぎふの鉄則5カ条

さいしょからにんげんかんけいをおそれることばかりで、かぞくのかんけいにしてもぎふ、ゆうじんとのつながりであってもぎふ、かいしゃでのだれかとのかんけいも、えろれんあいかんけいにおいても、つづけるというおもいももてず、じぶんのおこないをおもいだしてむいしきのうちにいせいへのきょうみをなくしている、そんなおもいをもっているひとがかなりのわりあいなのです。
そんなせいかくであるひとにとっては、であいけいはきをはるひつようのないところです。
さいとをかいしてえたかんけいは、LINEまずたいはんがみじかいきかんでおわるのがほとんどだからです。

えろ かかおID LINE けいじばん ぎふという文章

9わりちかくのひとがえろ、じのあいてくらいのかんけいしかえることができないのでかかおID、なにもめんどうなこともなく、とうしょのもくてきがみたされればそこからなにかをもとめることもありません。
であいけいからみつけるであいにひたすらうちこんでしまうひとは、まともににんげんかんけいをもつことをほうきしているようなひとであり、けいじばんいちどにんげんのことをしんようできるようになればかかおID、であいけいさいとというばしょからはとおざかっていくようになるのです。

関連記事