じゅくおんな なごや おおさか てれほんせっくす

らいたー「もしかして、げいのうかいにはいるにあたってうれたいとおもっているひとってなごや、さくらをどうじにおこなっているじんがおおくみうけられるのでしょうか?」
E(ぼうゆうめいじん)「そうじゃないでしょうか。さくらでしゅうにゅうをえるのっておおさか、しふとけっこうゆうずうがきくしおおさか、ぼくみたいな、きゅうにしごとがまかされるようなしょくについているじんしゅにはひつようなしごとなんですよ。ふきそくなあきじかんをりようできるし、ほかじゃできないけいけんのひとつになるし…」
C(ぼうげんえきあーてぃすと)「けいけんになるよね、てれほんせっくすじょせいをえんじるのはくろうもするけどこちらはおとこのきもちがわかるからじぶんがいってほしいことをあいてにいえばいいわけだし、じゅくおんなおとこのきもちがわかるわけだから、あいてもころっとのってくるんですよね」

経験があるとじゅくおんな なごや おおさか てれほんせっくすにおすすめ

A(めんきゃばはたらきて)「かえって、おおさかおんなでさくらをやっているひとはゆーざーのしんりがわかってないからはっきりいうとへたっすよね」
ひっしゃ「おんなのこのさくらより、じゅくおんなだんせいのさくらのにくらべてむいているのですか?」
D(げいのうじむしょかんけいしゃ)「はいてれほんせっくす、そうです。ひいでたけっかをのこしているのはだいたいだんせいです。けれども、なごやぼくはおんなのじんかくをえんじるのがにがてなんで、なごやいつもしかられてます…」

お勧めではじゅくおんな なごや おおさか てれほんせっくすの嘘・本当!?

E(げいにんじむしょのいちいん)「しられているとおり、しょうじきものがばかをみるのがこのせかいともいえますからね…。じょせいになりきるのがおもいのほかたいへんで…おれもくせんしているんです」
ひっしゃ「おんなきゃらくたーをえんじつづけるのも、かなりたいへんなんですね…」
じょせいのじんかくのどのようにしてだましとおすかのはなしがとまらないかのじょら。
そんなかいわのなかでじゅくおんな、あるはつげんをきっかけとして、あーてぃすととじしょうするCさんにしせんがあつまりました。

関連記事