せんだいしてれくら おきなわせっくす

であいけいさいとでのひじょうしきこういでもさいきんはかなりたようかしており、そのめいんともいえるのがおんなのこにたいするゆるしがたいはんざいは、せんだいしてれくらじょうれいのほうでもきびしいきていがさだめられています。
さいとでりあるのであいをじつげんさせただんじょがてじょうをかけられるのを、しんぶんやきじでじょうほうがはいってくることもあるでしょうし、18さいみまんにたいするきんせんがからむじけんをおぼえたというひともすくなくないとおもいます。
それにしても、このようなばしょでこっそりだんどりされていたことが、けいさつにすぐにみつかってしまうのかをよくわからないひともたくさんいることでしょう。
じょうしきとして、こじんじょうほうはだいじにすべきそんざいであり、しょっけんらんようにもなりかねないのですが、せんだいしてれくらそれではであいけいさいとのはんざいをふせぐことはできないので、おきなわせっくすであいけいさいとのこまかいぶぶんであったり、はんざいよこくがかかれていたりしないかなど、さいとないをそうさしているのです。

せんだいしてれくら おきなわせっくすは是非見てみたい

もっといえば、そうさのためにこっそりとへんそうをして、おきなわせっくすゆーざーをまもるひとたちがいることがせんだいしてれくら、ひがいをみぜんにふせぐためそうとうすういるといわれています。
そうして、ちあんいじにつとめているであいけいさいとでもんだいをおこしたゆーざーをもくげきしたばあいには、そうさけんげんをかつようしてすんでいるばしょをさがしだし、フィニッシュへといどむわけです。
「ようするにおきなわせっくす、どのさいともけいさつにしられてしまうの?」とこわがるひともいるかもしれませんが、けいさつはけんげんのはんいないでよっぽどあくしつなけーすでなければ、すくなくともまともなゆーざーにたいしてほんかくてきなそうさをおこなうのです。

関連記事