とうろくなしせふれ らんこう おおさかし

「であいけいさいとがわからたびたびめーるがきてすとれすになっている…これはどうなっているの?」と、びっくりしたおぼえのあるほうもかぞえきれないくらいいらっしゃるのではないでしょうか。
ひっしゃもにがいたいけんがあり、そういったぱたーんでは、ゆーざーとうろくしたであいけいさいとが、とうろくなしせふれしぜんとすうさいとにまたがっているかのうせいがあります。
このようにおしはかるのはおおさかし、おおくのであいけいさいとでは、さいとのぷろぐらむじょう、ほかのさいとにけいさいしているこじんじょうほうをまるごとべつのさいとにもらしているからです。
いうまでもないことですがとうろくなしせふれ、これはりようしているひとのきぼうどおりではなく、かんぜんにしすてむのもんだいでとうろくされるばあいがほとんどなので、おおさかしとうろくしたひともおおさかし、しすてむもわからないうちに、らんこうすうかしょのであいけいさいとからかってなないようのめーるが

とうろくなしせふれ らんこう おおさかしにて相手を探した

つけくわえると、じどうでりゅうしゅつするけーすではらんこう、たいかいすればめーるもこなくなるとたいかいてつづきをするひとがおおいのですが、たいかいてつづきをしたところでじょうきょうはへんかしません。
けっきょくのところらんこう、たいかいできないばかりか、とうろくなしせふれほかのぎょうしゃにあどれすがつつぬけです。
きょひりすとにいれてもそれほどのこうかはあがらず、まだきょひせっていにされていないふくすうのめーるあどれすからさらにめいわくめーるをおくってくるだけです。

例えばとうろくなしせふれ らんこう おおさかしの比率は?

いちにちにしょうきょするのがめんどうなほどおくってくるようになったばあいは、すぐにつかいなれたあどれすをちぇんじするしかないのできをつけましょう。

関連記事