であいけい じゅくねん かかお けいじばん じゅくじょ

ひっしゃ「ひょっとしてであいけい、げいのうかいにはいるにあたってうれたいとおもっているひとって、さくらをどうじにおこなっているじんがすくなくないのでしょうか?」
E(とあるゆうめいじん)「そうじゃないでしょうか。さくらでせいかつひをえるのってけいじばん、しふとひかくてきゆうずうがきくしかかお、われわれみたいな、きゅうにだいやくをたのまれるようなたいぷのじんしゅにはもってこいなんですよ。ふきそくなあきじかんをりようできるし、かかおかわったけいけんのひとつになるし…」
C(ぼうゆうめいあーてぃすと)「けいけんのひとつになるよねけいじばん、じょせいをえんじるのはまったくやさしいことじゃないけどぼくらはおとこめせんだから、じゅくじょじぶんのたちばからかけられたいことばをむこうにおくればいいわけだし、じゅくじょおとこのしんりはおみとおしだから、じゅくねんだんせいもやすやすとくいつくんですよね」

人生においてのであいけい じゅくねん かかお けいじばん じゅくじょにしてほしい3つの項目

A(めんきゃばじゅうぎょういん)「そうぞういじょうに、じょせいのさくらをやっているひとはりようしゃのこころがわかってないからはっきりいうとへたっすよね」
らいたー「じょせいのさくらより、おとこがさくらをやるかたがすぐれたけっかをのこしているのですか?」
D(げいのうじむしょざいせき)「そうともいえますね。ゆうしゅうなせいせきをのこしているのはだいたいだんせいです。ところがどっこいかかお、ぼくなんかはじょせいきゃらくたーをえんじるのがへたくそなんで、けいじばんいっつもめくじらをたてられてます…」

日本最大級のであいけい じゅくねん かかお けいじばん じゅくじょでの女の特徴

E(とあるげいにん)「さいしょから、じゅくねんうそつきがのしあがるせかいですからね…。じょせいをえんじるのがたいへんで…おれらもくろうしてます」
ひっしゃ「おんなきゃらくたーをえんじるのも、そうとうたいへんなんですね…」
じょせいやくのやりかたについてのとーくでもりあがるかのじょら。
そのかいわのなかで、あることばをきっかけとして、であいけいじしょうあーてぃすとのCさんへのかんしんがあつまったのです。

関連記事