きたきゅうしゅうぎゃくえんじょ ひとづまとわりきりかんけいをにいがたし

ひっしゃ「もしや、きたきゅうしゅうぎゃくえんじょげいのうかいをめざすにあたってゆうめいでないひとって、さくらをめいんのしゅうにゅうげんとしているひとがおおいんでしょうか?」
E(ぼうぎょうかいじん)「そうだとおもわれます。さくらのやくってきたきゅうしゅうぎゃくえんじょ、しふとほかにくらべてじゆうだし、おれらのようなきたきゅうしゅうぎゃくえんじょ、きゅうにおふぁーがきたりするようなしょくについているひとにはもってこいなんですよ。よそくふのうのあきじかんをりようできるし、きちょうなけいけんのひとつになるし…」
C(げんあーてぃすと)「よいけいけんにはなるよね、おんなとしてやりとりをするのはむずかしいけどこっちはおとこめせんだから、じぶんがいわれてうれしいことばをあいてにいえばいいわけだし、ひとづまとわりきりかんけいをにいがたしだんせいのきもちをわかっているから、ひとづまとわりきりかんけいをにいがたしあいてもたやすくのせられてしまうんですよね」

素敵なきたきゅうしゅうぎゃくえんじょ ひとづまとわりきりかんけいをにいがたしで恋人を作る方法

A(めんきゃばろうどうしゃ)「いがいに、おんなのこでさくらをやっているひとはさくらはおとこのこころがわかってないからぶっちゃけへたくそっすよね」
らいたー「おんなのさくらより、ひとづまとわりきりかんけいをにいがたしおとこがさくらをやるかたがすぐれているのですか?」
D(とあるげいのうかんけいしゃ)「はい、そうですね。よりよいせいせきをのこしているのはだいたいだんせいです。といっても、ぼくはじょせいのやくをつくるのがじょうずじゃないので、いっつもめくじらをたてられてます…」

年間10人以上のきたきゅうしゅうぎゃくえんじょ ひとづまとわりきりかんけいをにいがたしで真面目に彼女を作る

E(とあるげいにん)「こんぽんてきには、ふしょうじきものがのしあがるわーるどですからね…。おんなのこをえんじるのがたいへんで…おれもくせんしているんです」
ひっしゃ「おんなきゃらくたーをえんじるのも、おもったいじょうにたいへんなんですね…」
おんなのこのじんかくのどのようにしてだましとおすかのはなしでもりあがるかれら。
そのはなしのなかで、あるこめんとをきっかけとして、みずからあーてぃすとであるというCさんにきょうみがつどったのです。

関連記事