こうれいしゃふうふのよるのいとなみ ふりんぱーてぃー

ぜんかいのきじをよんだとおもいますが、「であいけいさいとでけっこうもりあがったので、あうとそのあいてがはんざいしゃだった」といったけいけんをしたじょせいのはなしがありましたが、じょせいがそのごどうしたかといえば、そのだんせいとのかんけいがしんてんしていくことになったのです。
じょせいのきもちは、「だんせいはかっこうからふつうとはちがいふりんぱーてぃー、おそろしさからことわれずどうすればいいかわからなかった」とのはなしでしたが、じっくりとじょせいにはなしをきいたら、ふつうのひとにはないぶぶんをかんじてついていくことにしたきもちもあったのです。
かれがおかしたつみにかんしては、こがたのないふではなくおおきめのないふでほかでもないおやをさしてしまったというものだったのでこうれいしゃふうふのよるのいとなみ、なかなかいないたいぷできけんなあいてだとおもってもしかたがないでしょうが、それほどかわったところもないようで、じょせいにたいしてはやさしいところもあったので、ふりんぱーてぃーちゅういするほどではないとおもって、かんけいもほんかくてきなこうさいになっていったようです。
そのかのじょとだんせいのかんけいについては、こうれいしゃふうふのよるのいとなみどこかふしんにおもえるうごきもみせていたので、ふりんぱーてぃーそうだんするようなこともなくいえをでて、もうもどらないことにしたとかのじょははなしてくれました。

こうれいしゃふうふのよるのいとなみ ふりんぱーてぃーの男性に恋をした

おなじへやですごすということがすでにきがやすまることがなく、それまでのふたりでのせいかつをすてて、とうぼうするかのようににもつもかんたんなものだけででてきたとのはなしですが、どうやらいっしょにいるときょうふかんがつよかったというだけのはなしではすまず、いけんがあわないとなると、はなすよりてをだすようになり、ぼうこうだってきにしていないようなふんいきをありありとだすのでこうれいしゃふうふのよるのいとなみ、なにかとおかねをわたすようになり、べつのことにかんしてもいろいろとして、へいおんにくらそうとしていたのです。

関連記事