もびもば ろぐいん ふりん つくば じゅくじょ

きがるにであいえるさいとをりようするひとびとにおはなしをうかがうと、おおよそのひとは、ろぐいんこどくになりたくないから、ふりんわずかのあいだかんけいがきずければ、それでかまわないというみかたでであいけいさいとをつかっています。
つまるところろぐいん、きゃばくらにいくりょうきんをかけたくなくて、もびもばふうぞくにかけるりょうきんももったいないから、りょうきんがひつようないであいけいさいとで、「のってきた」じょせいでりーずなぶるにすませよう、とかんがえつくだんせいがであいけいさいとにはまっているのです。
たほう、ふりんおんなたちはそういなすたんすをつつみかくしています。

ときめきが欲しい!もびもば ろぐいん ふりん つくば じゅくじょは淫乱だった

「あいてとすごくねんれいがはなれていてもいいから、ろぐいんなんでもしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいさいとのほとんどのおじさんはみんなそろってもてないようなひとだから、びじんとはいえないじぶんでもいのままにできるようになるかもしれない!もしかしたら、かっこいいひとがいるかも、つくばちゅうねんおやじはむりだけど、たいぷなひとならあってもいいかな。ほぼかくじつにじょせいはこのようにかんがえています。
ひとことでいうと、じゅくじょじょせいはだんせいがみりょくてきであることじゅくじょ、またはきんせんがもくてきですし、だんせいは「やすいじょせい」をもくてきとしてであいけいさいとをかつようしているのです。
どっちも、できるだけやすくおかいものがしたくてであいをかつぼうしているようなものです。

もびもば ろぐいん ふりん つくば じゅくじょを使う人

けっかてきに、であいけいさいとをつかいまくるほどにつくば、おじさんたちはじょせいを「うりもの」としてとらえるようになり、おんなたちもじぶんじしんを「しなもの」としてとりあつかうようにかわっていってしまいます。
であいけいさいとをりようするひとのかんがえというのは、もびもばかくじつにおんなをひとではなく「ぶっしつ」にしていくるいのあぶのーまるな「かんがえかた」なのです。

関連記事