めるとも とうきょう IPHONEむりょうであい

おどろくことにまえけいさいしたきじで、めるとも「しるきっかけがであいけいさいとだったもののIPHONEむりょうであい、あってみたらそのおとこははんざいしゃでした」とそうぞうとちがうてんかいになったじょせいのはなしをしましたが、なんとそのじょせいはそのまま、そのだんせいとおわるどころかつきあうことになったのです。
そうなったのは、「だんせいがあやしそうで、ことわることがこわくなってそのままついていっていた」とのことでしたが、もっとくわしいはなしをきくうちに、かのじょとしてもきょうみをもつところがありそこでおわりにしなかったようでした。
だんせいのぜんかがどういったものかというと、おおぶりともいえるながさのはものでほんとうのおやをさしているわけですからとうきょう、きけんにおもうのもおかしなことではないとおもうばあいもあるでしょうが、じっさいはおだやかにかんじたようで、とうきょうこどもなどにはやさしいぐらいでしたから、もんだいなどおこらないだろうと、つきあうことになったということでした。

モテる女になるためのめるとも とうきょう IPHONEむりょうであいで女性受けする話

そのだんせいとつきあいがつづいたかというと、どうしてもだんせいのこうどうがおかしいときがあったので、なにもいわないままいえをでて、そのままかんけいをおわりにしたとそのかのじょははなしてくれたのです。
なにかとくべつなげんどうがなくてもきょうふをかんじるようなじょうきょうで、どうきょしながらせいかつしていたのに、IPHONEむりょうであいじぶんかってだとおもわれてもいいのででていったというはなしなのですが、ほんとうはふんいきがいやだったといったことがりゆうのすべてではなくIPHONEむりょうであい、おちついてはなしあうこともできず、ちからにたよろうとしたり、めるともすさまじいぼうりょくをふるうかんじのそぶりをわざとみせてくるのでとうきょう、おかねにかんしてもじょせいがだすようになり、ほかのたのみごともききいれて、そのままのじょうきょうでせいかつしていたのです。

関連記事