ふりんをするには むりょうでんわであいさいと

さくやいんたびゅーをせいこうしたのは、まさに、げんえきでげりらまーけてぃんぐのあるばいとをしていないごにんのおとこ!
けっせきしたのは、めんずきゃばくらできゃすととしてはたらくAさん、むりょうでんわであいさいとふつうのだいがくせいBさん、じしょうげいじゅつかのCさん、むりょうでんわであいさいとゆうめいげいのうじむしょにしょぞくしているはずのDさん、おわらいげいにんをめざすEさんのごにんで
ひっしゃ「では、はじめたきっかけをうかがってもよろしいでしょうか。Aさんはのちほどおねがいします」

ふりんをするには むりょうでんわであいさいとで募集しよう

A(めんきゃばきゃすと)「おいらは、おんなごころがしりたくてはじめたいとおもいました」
B(だいがく1かいせい)「うちは、むりょうでんわであいさいとかせがないといみがないとおもってすたーとしましたね」
C(かしゅ)「じぶんは、ろっくみゅーじしゃんをやってるんですけど、まだしろうとどうぜんなんでまったくかせげないんですよ。すたーになるためにはおおきなところでなくてもこつこつかげのどりょくしなきゃいけないんで、じみなばいとをやって、いったんあんだーぐらうんどなけいけんをちくせきしようとおもって」

ふりんをするには むりょうでんわであいさいとは大学卒業

D(ぼうおんがくぷろだくしょんしょぞく)「しょうせいはふりんをするには、○○ってたれんとじむしょにしょぞくしてみゅーじしゃんをめざしはげんでるんですが、いちどのこんさーとで500えんぽっちしかはいらないんで…せんぱいにおしえてもらったさくらのばいとをやろうとかんがえました」
E(ちゅうけんげいにん)「じっさいのところ、しょうせいもDさんとちかいかんじで、こんとやっていっかいほんのすうひゃくえんのかなしいせいかつしてるんです。せんぱいにしょうかいしていただき、さくらのしごとをかいしすることになりました」
よりによって、ごにんちゅうさんにんものめんばーがげいのうぷろだくしょんにしょぞくしているというすばらしいめんばーでした…、ただはなしをうかがってみるとどうやら、ふりんをするにはごにんにはさくらによくあるおもしろえぴそーどはなさそうでした…。

関連記事