ひとづまであえるあぷり かみまちさいと みえ

ひっしゃ「さいしょに、さんかしゃがであいけいさいとにきめたとっかかりをじゅんばんにいってください」
あつまってくれたのは、こうこうをちゅうたいしてからはごねんかんすごもりせいかつをしているA、「せどり」でじゅうぶんなしゅうにゅうをえようとふんとうしているB、きぼのおおきくないげいのうじむしょでれくちゃーをうけてあくしょんのはいゆうになりたいCかみまちさいと、すべてのであいけいさいとにつうじているとじしんまんまんの、みえてぃっしゅくばりたんとうのDかみまちさいと、また、しんじゅくにちょうめではたらくにゅーはーふのE。
どのさんかしゃもはたちいじょうにさいいかのめんばーをあつめました。
A(ふだんはじしつからでない)「いまはじたくけいびちゅうなんですが、ひとづまであえるあぷりねっとですごくるっくすのいいこがいて、むこうからこんたくととってくれて、ひとづまであえるあぷりそのつぎに、あるさいとにかいいんとうろくしたら、めあどおしえるっていわれてかいいんとうろくしたんです。そのごはめーるのへんじがこなくなったんです。けど、ほかにもじょせいはたくさんいたのでいたので。」

ひとづまであえるあぷり かみまちさいと みえが告白してきた

B(ないしょくちゅう)「であいけいはじめたころはやっぱり、じぶんもめーるをなんかいかして。るっくすがすごくよくて、かみまちさいとどすとらいくだったんです。なかよくなりたいからさいととうろくしてそのさいとって、つりにひっかかるひともおおくて、じょせいかいいんともやりとりできたので、そのままちゃんとりようしています。
C(はいゆうになるくんれんちゅう)「わたしなんですが、やくづくりのさんこうになるかなとおもってあかうんとをとりました。であいけいさいとをりようするうちにさまざまなじょせいにあうやくになってそれがきっかけです」
D(てぃっしゅくばりのばいと)「ぼくのたいけんですがみえ、さきにあかつくってたともだちのはなしをきいているうちにはじめたっていうかんじです」

ひとづまであえるあぷり かみまちさいと みえにハマった女性

きめつけは、みえさいごをかざるEさん。
このひとについてですが、ひとづまであえるあぷりほかのかたとだいぶちがっているので、はっきりいって1にんだけかやのそとでしたね。

関連記事