あたらしいつーしょっとだいやる えむこみゅ みたいな

ひっしゃ「ひょっとしてあたらしいつーしょっとだいやる、げいのうかいのなかでうれたいとおもっているひとって、さくらでおかねをためているひとがいっぱいいるのでしょうか?」
E(とあるゆうめいじん)「そうじゃないでしょうか。さくらでおかねをてにいれるってみたいな、しふとほかではみないじゆうさだしあたらしいつーしょっとだいやる、ぼくらのような、きゅうにひつようとされるようなせいかつのひとにはどんぴしゃりなんですよ。よめないあきじかんにできるし、なかなかできないけいけんのひとつになるし…」
C(あーてぃすとのひとり)「えがたいけいけんになるよね、おんなとしてせっするのはすごくたいへんだけどわれわれはおとこめせんだから、みたいなじぶんのたちばでうれしいことばをむこうにおくればいいわけだし、おとこがわのきもちはおみとおしだから、あいてもころっとくいついてくるんですよね」
A(めんきゃばつとめのおとこ)「かえって、じょせいのさくらをやっているひとはゆーざーのこころがわかってないからほんとうはへたっすよね」

返事があたらしいつーしょっとだいやる えむこみゅ みたいなで償おう

ひっしゃ「じょせいのさくらよりも、だんせいさくらのほうがひいでているのですか?」
D(げいのうじむしょしょぞくだんせい)「そうです。すぐれたせいせきをのこしているのはだいたいだんせいです。ところがどっこい、ぼくなんかはおんなのやくをえんじるのがへたくそなんで、いつもめくじらをたてられてます…」
E(ぼうゆうめいげいにん)「おわかりのとおり、しょうじきものがばかをみるよですね…。じょせいになりきるのがけっこうたいへんで…ぼくもくろうしてます」
らいたー「おんなのこのきゃらくたーをつくっていくのも、かなりたいへんなんですね…」

危ない酒であたらしいつーしょっとだいやる えむこみゅ みたいながもってこい

おんなのじんかくのどのようにしてえんじきるかのはなしがとまらないいちどう。
そんななかでえむこみゅ、あるこめんとをきっかけに、えむこみゅあーてぃすとをなのるCさんにかんしんがあつまったのです。

関連記事