せっくす あいて ほしい ふりんあいてとせっくす

ぜんかいのきじをよんだとおもいますが、「であいけいさいとでなかよくなり、じっさいにあったところはんざいしゃだった」となったじょせいについてわだいにしましたが、ほしいじつはそのじょせいはおどろくことに、そのだんせいとおわるどころかつきあうことになったのです。
そのじょせいとしては、「だんせいはかっこうからふつうとはちがいあいて、ことわることがこわくなってそのままいっしょにこうどうしていた」ということですが、あいてよりくわしいないようになったところ、じょせいとしてもこうきしんがでてきてついていくことをえらんだようなのです。
かれがおかしたつみにかんしては、せっくすそこそこはわたりのあるないふをつかってほんとうのおやをさしているわけですからほしい、たんなるじこなどとはちがうとないしんかんがえることもあるとおもいますが、せっくすせっしたかんじはおだやかだったので、こどもにはしんせつにするところもあり、ふりんあいてとせっくすもんだいなどおこらないだろうと、こうさいしてもよいだろうとおもったようです。

人づてに聞いてみるとせっくす あいて ほしい ふりんあいてとせっくすを深く考える

そのじょせいはそのままつきあいつづけたかというと、そのだんせいにふしんなところをかんじることがあったので、なにもいわないままいえをでて、けっきょくはわかれることにしたとはなしていました。
おなじへやですごすということがすでにきがやすまることがなく、いっしょにせいかつしていたへやから、せっくすそれこそにげだすようにとにかくでてきたのだということですが、ふつうとはちがうふんいきをかんじたというだけのはなしではすまずあいて、ちょっとしたいいあいにでもなると、かまわずてをだすなどふりんあいてとせっくす、ぼうりょくだってへいきだというようなふんいきをありありとだすので、ふりんあいてとせっくすなにかとおかねをわたすようになり、ほかのようきゅうもことわることをせず、まいにちくらしていくじょうたいだったのです。

関連記事