こうべしないちゅうこうねんであい かれしぼしゅうけいじばん むりょう

であいけいさいとのほうからおくられてくるかくうのせいきゅうにはさまざまなけいたいがありますが、とくにきをつけたいのが、かれしぼしゅうけいじばんさいとへのにゅうかいをていじするないようです。
このてのめーるについてですが、むりょうあかうんととうろくをしたかどうかではなくって、あいてに「とうろくずみ」としらせるめーるをおくりつけてきます。
もちろんですが、こうべしないちゅうこうねんであいかいいんになったとこんがらがって、URLどおりにあくせすすればこうべしないちゅうこうねんであい、ぺてんにひっかかってしまうのでめーるはしんじないでしょうきょするのがべすとなほうほうとげんえるでしょう。

こうべしないちゅうこうねんであい かれしぼしゅうけいじばん むりょうで女を喰いまくる

ほそくながらかれしぼしゅうけいじばん、くりっくすると、「とうろくてつづきがかんりょうしました!」としきさいのはでながめんにりんくでとぶようなほうしきになっていたりします。
ようするに、むりょう「このさいとはりようしたおぼえはないけど、いちおうかくにんしてみよう」というちょっとしたきもちがむりょう、あいてのてのひらでころがされるじたいをひきおこしてしまうのです。
こういったあくとくぎょうしゃのいいかもにされたひとはすくなくなく、はめられてたいきんをまきあげられたけーすもあります。

こうべしないちゅうこうねんであい かれしぼしゅうけいじばん むりょうの心

みとうろくのさいとでも、こうべしないちゅうこうねんであいいちどしはらいをすれば、そのままさいとをつくっているそしきのあがりになってしまうのです。
つけくわえると、そのうりあげきんはあちこちまわってわるいことはなにもしていないねっとゆーざーをだますのにりようされるのです。
まんがいちかれしぼしゅうけいじばん、であいけいさいとからのめーるがきたとしてもけっしてひらかないのがみのためです。

関連記事