ぼしせっくす もりおかののうかのよるのせいせいかつ

であいけいをつかうひとたちにといかけてみると、おおよそのひとは、ぼしせっくすただひとこいしいというりゆうで、いっしゅんのかんけいがきずければべつにかまわないというとらえかたでであいけいさいとにはまっていってます。
かんけつにいうとぼしせっくす、きゃばくらにいくおかねをつかうのがいやで、ふうぞくにかけるおかねもはらいたくないから、りょうきんのいらないであいけいさいとで、「のってきた」じょせいであんかにすませよう、とするだんせいがであいけいさいとというみちをせんたくしているのです。
だんせいがそうかんがえるなか、「じょし」じんえいではすこしべつのすたんすをしています。

ダンディが集まるぼしせっくす もりおかののうかのよるのせいせいかつのことしか考えられない

「あいてがとしうえすぎてもいいから、おかねもちでかじをしてくれるかれしがほしい。であいけいさいとをやっているだんせいはだいたいがもてないようなひとだから、ちゅうのげていどのじぶんでもおもいのままにできるようになるわよ!かのうせいはひくいけど、かっこいいひとがいるかも、おじさんはむりだけど、いけめんだったらでーとしたいな。じょせいのほとんどがこのようにかんがえています。
つまり、もりおかののうかのよるのせいせいかつじょせいはだんせいがみりょくてきであること、またはおかねがめあてですし、だんせいは「ちーぷなじょせい」をひょうてきにであいけいさいとをはたらかせているのです。
どっちも、あまりおかねがかからないおかいものがしたくてであいをほっしているようなものです。

恋を成功させるぼしせっくす もりおかののうかのよるのせいせいかつで仲良くなる方法

けっかとして、もりおかののうかのよるのせいせいかつであいけいさいとをうんようしていくほどに、おとこたちはじょせいを「しなもの」としてみるようになりぼしせっくす、じょせいもじしんのことを、「うりもの」としてみなしていくようになり、かんがえがかわってしまうのです。
であいけいさいとのりようしゃのかんがえというのは、じょせいをだんだんとせいしんをもたない「もの」にしていくようなびょうてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事