えろいぷ さいと おおさかひとづまであいけいじばん

このときは、であいけいさいとはさがしているじゅうだいからじゅうだいまではばひろいじょせいにりさーちしました。
めんつは、きこんしゃであるAとさいと、みつまたがまだばれていないぎゃるふうのBおおさかひとづまであいけいじばん、きゃばじょうとしてかせぐD、らすとにおおさかひとづまであいけいじばん、だいがくせいのE。ぎんざのりふれくそろじーさろんでおうたいをしているCさいと、
これはひみつですが、じゅうだいじょせいにしぼってごにんへのいんたびゅーをけいかくしていたものの、いきなり1にんぬけてしまいえろいぷ、そうそうとえきまえで「であいけいさいとについてのしゅざいにきょうりょくしてほしい」となんじゅうにんかのじょせいによびこみをして、あやしげななんぱにもふたつへんじでりょうしょうしてくれた、じゅうだいのEさんをくわえたごにんとしました。

今の状態でえろいぷ さいと おおさかひとづまであいけいじばんは雰囲気で行ける

いちばんのりでひっしゃがいんたびゅーするまえにとーくをてんかいしたのは3にんのおとこをてだまにとるBさん。
じゅうだいのぎゃるB「であいけいさいとですが、えろいぷ「みなさんはどうしてりようしだしたんですか?わたしはぱぱがほしくていまのかねづるはさんにんです」
へらへらしてかたるBさんに、あとの4にんもこんわくしながらかいとうしだしました。

大切なえろいぷ さいと おおさかひとづまであいけいじばんがテレビ出演

A(だんなあり)「わたしについては、じじつうわきにきょうみがあってであいけいをおもいついたんですよ。ほかのひとからみたら、とんだふていづまでしょうけど、さいとなんどもけいじばんでよびかけちゃうんです。」
B「いったんはまるとやみつきになりますね」
ひっしゃ「ぱぱになってくれるひとをもとめてであいけいをはじめるじょせいばっかり?」

悪徳ではないえろいぷ さいと おおさかひとづまであいけいじばんでイチャイチャ

B「ほかのあいませんよね」
ここで、きゃばじょうのDさんがわるぎもなく、だんせいにはうけいれがたいことをばくろしました。

関連記事