とうろくふよう せふれけいじばん あいちけんはんだしはってんじょう

であえるさいとをりようするひとびとにはなしをきいてみると、せふれけいじばんほぼぜんいんが、ひとはだこいしいというだけで、いっしゅんでもかんけいをもつことができればべつにかまわないというかんがえかたでであいけいさいとのゆーざーになっています。
ひらたくいうと、きゃばくらにいくおかねをだしたくないし、ふうぞくにかけるりょうきんももったいないからとうろくふよう、おかねがかからないであいけいさいとで「のってきた」おんなのこでりーずなぶるにすませよう、せふれけいじばんとするちゅうねんおとこせいがであいけいさいとにとうろくしているのです。
そんなだんせいがいるいっぽう、おんなのこたちはそういなかんがえかたをひめています。
「じゅくねんだんせいでもいいから、ふくもかってくれてりょうりがおいしいひとをかれしにしたい。であいけいさいとのほとんどのだんせいはほとんどがもてないひとだから、ちゅうのげていどのじょせいでもおもちゃにできるようになるわ!おもいがけず、たいぷのひとにであえるかも、ちゅうねんぶとりとかはむりだけどあいちけんはんだしはってんじょう、たいぷだったらでーとしたいな。9わりがたのじょせいはこのようにかんがえています。

女性が教えるとうろくふよう せふれけいじばん あいちけんはんだしはってんじょうが見たい2つの事実

つまるところ、じょせいはだんせいのようしのうつくしさかおかねがもくてきですし、あいちけんはんだしはってんじょうだんせいは「あんかなじょせい」をもくてきとしてであいけいさいとをつかっているのです。
おたがいに、あいちけんはんだしはってんじょうできるだけおかねがかからないおかいものがしたくてであいをかつぼうしているようなものです。
そしてついには、であいけいさいとにはまっていくほどに、おとこはおんなたちを「しょうひん」としてかちづけるようになり、おんなたちもじぶんじしんを「しなもの」としてみなしていくようにへんかしてしまうのです。
であいけいさいとをもちいるひとのけんかいというのは、とうろくふようじょせいをかくじつにいしのない「もの」にしていくるいのあぶのーまるな「かんがえかた」なのです。

関連記事