おーらるせっつくす やりかた えんこう できる

であいおうえんさいとをつかっているひとたちにおはなしをうかがうと、あらかたぜんいんが、やりかたただひとこいしいというりゆうで、えんこうごくたんきかんのかんけいさえきずければべつにかまわないというかんがえかたでであいけいさいとをしようしています。
いってしまえば、きゃばくらにいくおかねをつかうのがいやでおーらるせっつくす、ふうぞくにかけるおかねもけちりたいからできる、りょうきんがひつようないであいけいさいとで、「つれた」じょせいでりーずなぶるにすませようやりかた、とおもいついただんせいがであいけいさいとというみちをせんたくしているのです。
また、えんこうおんなのこさいどはまったくことなるすたんすをひたかくしにしています。
「じゅくねんだんせいでもいいからえんこう、おかねもちでかじをしてくれるかれしがほしい。であいけいさいとにてをだしているだんせいはもてないひとばかりだから、ちゅうのげていどのじょせいでももてあそぶことができるようになるかもしれない!かのうせいはひくいけど、かっこいいひとがいるかも、おーらるせっつくすばーこーどあたまとかはむりだけど、かおしだいではあってもいいかな。このようにかんがえるじょせいばかりです。

おーらるせっつくす やりかた えんこう できるで好きな人出会う方法

たんてきにいえばできる、じょせいはだんせいのかおだちのよさかおかねがめあてですし、だんせいは「りーずなぶるなじょせい」をひょうてきにであいけいさいとをてきようしているのです。
おたがいに、なるべくあんかにおかいものがしたくてであおうとしているようなものです。
けっかとして、であいけいさいとにつかいこなしていくほどに、おとこたちはじょせいを「しょうひん」としてみるようになり、じょせいもみずからを「もの」としてあつかうようにかわっていってしまいます。
であいけいさいとのりようしゃのしょけんというのは、じょせいをすこしずつせいしんをもたない「ぶっしつ」にしていくるいのいじょうな「かんがえかた」なのです。

関連記事