てれほんせっくす ぜんこく あんしんしてとうろくできるせふれさいと

きのういんたびゅーをしっぱいしたのは、まさに、げんえきですてるすまーけてぃんぐのあるばいとをしているごにんのふりーたー!
かおをそろえたのは、めんきゃばをやめたAさん、びんぼうがくせいのBさんぜんこく、じしょうくりえいたーのCさんぜんこく、ぼうたれんとぷろだくしょんにしょぞくしてるというDさん、あんしんしてとうろくできるせふれさいとおわらいたれんとをめざすEさんのごにんです。
ひっしゃ「ではさきに、てれほんせっくすはじめたどうきからかくにんしていきましょう。Aさんはのちほどおねがいします」

女が教えるてれほんせっくす ぜんこく あんしんしてとうろくできるせふれさいとのチャンスを増やす

A(ひるきゃばきんむ)「ぼくは、じょせいのきもちがりかいできるとおもいはじめかたがわかりませんでした」
B(げんえきだいがくせい)「おれは、てれほんせっくすかせげればなんでもやるとおもってかいししましたね」
C(みゅーじしゃん)「うちは、みゅーじしゃんをやってるんですけど、まだしんまいなんですこししかかせげないんですよ。びっぐねーむになるためにはくだらないことでもこつこつしたづみするのはふほんいですが、こういうばいとでもやりながら、あんしんしてとうろくできるせふれさいととりあえずあんだーぐらうんどなけいけんをちくせきしようとおもって」

てれほんせっくす ぜんこく あんしんしてとうろくできるせふれさいとにおける最重要ポイント

D(たれんとじむしょしょぞく)「おいらは、○○っておんがくぷろだくしょんでぱふぉーまーをやめようとかんがえているんですが、いっかいのこんさーとで500えんぽっちしかもらえないんで…せんぱいにおしえてもらったさくらのしごとをやっているんです」
E(こめでぃあん)「みをいえば、しょうせいもDさんとにたようなかんじで、1かいのこんとでたったすうひゃくえんのまずしいせいかつしてるんです。せんぱいがしょうかいしてくださって、すてまのあるばいとをはじめることにしました」
なんてことでしょう、めんばーごにんちゅうさんにんがたれんとぷろだくしょんにしょぞくしているというぱわふるなめんばーでした…、ところがはなしをきいてみたら、てれほんせっくすかれらにはすてまとくゆうのかなしいえぴそーどがあるようでした…。

関連記事