はままつ ぎゃくえんじょ てれふぉんせっくす じゅくじょ

ひっしゃ「さいしょに、それぞれであいけいさいとをつかってじょせいをさがすようになったきっかけをぜんいんにききたいとおもいます。
きょうそろったのははままつ、こうこうをそつぎょうせずにごねんかんほぼじしつにこもっているA、ぎゃくえんじょ「せどり」でせいかつひをかせごうといろいろためしているB、ちいさなぷろだくしょんでれくちゃーをうけてあくしょんのはいゆうになりたいC、はままつすべてのであいけいさいとにつうじているとじしんたっぷりのぎゃくえんじょ、がいとうでてぃっしゅをくばるDてれふぉんせっくす、にんめの、しんじゅくにちょうめでみずしょうばいをしているE。
どのさんかしゃもじゅうだいはじめです。

とっても良いはままつ ぎゃくえんじょ てれふぉんせっくす じゅくじょは雨だった

A(ふだんはじたくからでない)「いまはじたくのけいびしかしていないんですが、ねっとをいろいろみてたらめっちゃかわいいこをみつけておんなのこのほうかられんらくをくれたんですよ。したら、じゅくじょあるさいとのあかうんとをとったらちょくせつめーるしていいっていわれたので、あかうんととったんです。それっきりあいてとちょくめもできなくなったんです。それでも、みためがわるくないじょせいはほかにもいたので」
B(てんばいにちょうせんちゅう)「IDとうろくしてすぐは、じぶんもめーるをなんかいかして。もでるかとおもうくらいきれいでじゅくじょ、すとらいくぞーんばっちりでした。したしくなりたいとおもって、あかうんとげっとしました。そのさいとっていうのは、さくらのおおさでゆうめいだったんだけどてれふぉんせっくす、ちゃんとじょせいもいたので、いまだにりようしています。
C(はいゆうしぼう)「わたしはというと、やくづくりにいいかとおもってりようをけついしました。であいけいさいとでさまざまなじょせいにあうやくになってそれがきっかけです」

僕のはままつ ぎゃくえんじょ てれふぉんせっくす じゅくじょが恋愛するところ

D(ぱーと)「ぼくなんですが、さきにつかいだしたゆうじんにおまえもやってみろっていわれているうちにじぶんもやってみたってところです」
さいごにはままつ、めとなるEさん。
このひとなんですがぎゃくえんじょ、おおいたとくしゅなけーすでしたので、しょうじきなところひとりだけとりたててはなすほどではないかと。

関連記事