じゅくじょ けいじばん せふれ おおさか かみまち ばしょ

うたがうこころがふつうにあればそのようなだんせいとはかかわらないのにとおもうところなのですがうまくいえばまじめでうたがうこころがないかのじょたちのようなおんなのひとはやばいひとだとかんじていてもそのひとからはなれられなくなっています。
これまでにすうめいのじょせいがぼうりょくじけんにそうぐうしたりとりころされたりしているのにそれなのにそうしたにゅーすからじぶんにはおこらないというじょせいたちはよくないかんじをうけながしてあいてになされるがままじゅうじゅんになってしまうのです。
これまでにかのじょのくらった「ひがい」はけいじばん、だれがみてもはんざいひがいですし、おおさかごくふつうにほうてきにせきばつすることができる「じけん」です。できる
なぜかであいけいさいとにいくおんなのひとはせふれ、どういうわけかききかんがにようでおおさか、いっぱんてきであればすぐにあてはまるきかんにうったえるようなことも、けいじばんさらりとうけながしていしまうのです。

じゅくじょ けいじばん せふれ おおさか かみまち ばしょは絶対あるべきもの

さいしゅうてきにじゅくじょ、わるいやつはこんなわるいことをしてもりーくされないんだききいれてもらえるならどんどんよろう」と、せふれてんぐになってであいけいさいとをしようしつづけけいじばん、ぎせいしゃがふえひんぱつするのです。
「だまってゆるす」といえばじゅくじょ、かんだいなひびきがあるかもしれませんがおおさか、そのこうどうこそがじゅくじょ、はんざいしゃをぞうしょくさせているということをまずきがつかなくてはなりません。
だめーじをうけたときにはすぐさませふれ、けいさつでもむしょうでみかたになってくれるそうだんまどぐちでもどちらにしてもよいのでさいしょにそうだんしてみるべきなのです。

関連記事