らいぶちゃっとれでぃ ぎふのじゅくじょしょうかいして

ふつうにあぶないとおもっていればそんなだんせいをおいかけるはずはないのにとしんじられないところなのですがじょうずにいえばじゅんぱくでせんにゅうかんのないこのひとたちのようなじょしはあやしいあいてだとしっていてもそのだんせいにさからえなくなってしまいます。
かこになんにんものおんなのひとがぼうりょくじけんにそうぐうしたりしぼうしたりしているのにけれどもそのようなにゆーすからきょうくんをえないおんなのひとたちはいやなかんじをむししてあいてにめいじられるがままさからえないようになってしまうのです。
ここまでのかのじょのあびた「ひがい」はらいぶちゃっとれでぃ、だれにきいてもはんざいひがいですし、らいぶちゃっとれでぃまちがいなくほうてきにつみをつぐなわせることができる「じけん」です。
かなしいことにであいけいさいとのなかまになるじょしはぎふのじゅくじょしょうかいして、なぜかききかんがないようで、れいせいであればすぐにじゅんとうなきかんにうったえるようなことも、てきとうにやりすごしてしまうのです。

女の本音が分かるらいぶちゃっとれでぃ ぎふのじゅくじょしょうかいしてに及ばない

けっかてきに、ふほうこういをいったものはこれほどわるいことをしてもばれないんだ、ゆるしてもらえるならつづけてやろう」と、よかれとおもってであいけいさいとをうまくつかいつづけ、ぎせいとなったひとをふやしつづけるのです。
「だまってゆるす」とみとめれば、りょうしんてきなひびきがあるかもしれませんが、そのそこうこそがぎふのじゅくじょしょうかいして、はんざいしゃをふやしているということをまずようにんしなければなりません。
ひがいをうけたらまよわずゆうよなくらいぶちゃっとれでぃ、けいさつでも0えんでそうだんができるまどぐちでもあなたのいきやすいほうでいいのでなにをさしおいてもそうだんしてみるべきなのです。

関連記事