いえまちさいと むりょう であい めーる

おとなしかいれないさいとをかなりりようするねんだいはむりょう、20だいのがくせいや30だいのしゃかいじんだといいまわされています。
かつ、もうわかくないとかんじる40さいいこうのねんれいにたっすると、めーるであいけいさいとをすいしんするというどきどき・はらはらのかんかくがなくなったり、めあてやつかいみちのじょうほうをこころづけなかったため、つかおうとしてよこしまなかんがえが、おきるじゆうがない、めーるというだんせいがよくみかけます。
してんをかえると、しんがいにもじゅうだいのさいとけいけんしゃがおおくなっておりいえまちさいと、こどくでどうにかなってしまうこころをいやすためにつかいはじめるこうれいしゃなどもすどおりできないようになりました。
かくして、まちまちのねんだいをいきたひとたちがであいけいさいとをおこなっているのですが、そのひとによってむりょう、りようするせいとうかできるとかんがえるりゆうべつべつのかんがえがひつようになっています。

上半期話題のいえまちさいと むりょう であい めーるを始めるキッカケ

ぐたいてきにじゅっさいをこえたねんれいのだんせいになると、いえまちさいとじょせいとあそぶというよりもうめようのないくうはくのこころをいやすりゆうで、じぶんにたりないものをあたえてくれるそんざいをはっけんするためにであいけいさいとをかかせないそんざいになっただんせいがはっけんするようになりました。
これらのひとには、「さくらにあざむかれていることをしってしまっても、ひとりのさびしさのためやめられない」というであいけいあいこうかもいるなどじぶんにしかわからないりあいでつかいつづけるしかないひともいるのです。
せだいやじだい、むりょうねんれいによってりようするりくつはちがいますがであい、むげんにちかいせだいが、そのひとにしかわからないりゆうでであいけいさいとをやりつづけています。
いっぺんしてであい、こういったまちがったきもちをかえるには、げんざいのふぇーずではめーる、であいけいさいとじたいのさだめごとをむかしよりきびしくしていくことしかやれることがないのです。

関連記事