てれくら ちば ぎゃくえん さがしかた

であいけいさいとをせいかつにとりいれるねんれいそうはどういうかぜのふきまわしかはばがひろく、じんせいのせんぱいといわれるじゅうだいいこうでもであいけいさいとをじっこうしているひともいれば、さがしかたねんれいめんからゆるされていないちゅうがくせいであるにもかかわらず、てれくらであいけいさいとをつかえるひとのめんきょしょうをかってにりようしてであいけいさいとにながれこむようなもんだいてんもあります。
かねてさがしかた、ねんれいやせだいをとくていするのは、こんなんなうえにめんどうですがぎゃくえん、たしか、ぐたいてきなすうじになるとてれくら、おこさんからこうれいのかたがたまでのげんどのひとびとが、しらないひとどうしのであいのほうほうをあくようしているのではないかとかんがえられます。
まして、であいけいさいとはねんれいちぇっくによるせいげんがあるので、じょうげんのねんれいはなんじゅうさいでもいいですが、せいげんしているさいていねんれいは18さいからというまもらなければいけないきまりごとがあります。
にもかかわらずぎゃくえん、こわいものみたさがつよいひとがおおいねんだいであるじゅうだいは、やっぱりどんよくにあだるてぃーなむーどがでているいんたーねっとさいとに、ちばおもむいてしまうげんじょうにあるのです。

目的様々!てれくら ちば ぎゃくえん さがしかたの汚い一面

いやにかつようするぐるーぷはだいぜんはんにぼうだいだとかんがえられましたが、、ちばじゅうだい、じゅうだいのねんれいそうもたくさんいますし、70だいでひとりがきらいでたえきれないだんせいがうんようしているれいもこのところふえています。
「じじつてきに、さまざまなひろいねんれいそうがであいけいさいとをしようしているの?」とどっきりするかもしれませんが、かこのとれんどのようにじゅくねんりこんによるじんせいとらぶるをかかえるふうふもいるいまでは、ひとりぼっちのじかんにふふくをとなえ、であいけいさいとをしようするようになるじぶんをゆるせないねんれいそうがどうしてもすくなくないのです。

関連記事