ひとづま であいかた れんたるかのじょ

おかしいとおもうかんがえがあればそんなだんせいといっしょになんでありえないのにとそうぞうもつかないところなのですがよくいうとせいじゅんでだれでもしんじるおんなのこのかのじょたちはきけんなあいてだとりかいしていてもそのあいてにみをゆだねます。
いぜんにたくさんのじょせいがぼうりょくじけんのまきぞえをくうことになりせいめいをうばわれたりしているのにでありながらそうしたにゅーすからきょうくんをえないじょしたちはどうようするじぶんをむししてあいてのおもうつぼじゅうじゅんになってしまうのです。
すべてのかのじょのあびた「ひがい」は、まちがいないはんざいひがいですし、ひとづまいっぱんてきにほうてきにしょばつすることができる「じけん」です。

ひとづま であいかた れんたるかのじょはシンプルなのか

ですがであいけいさいとにいくおんなのひとは、ぜひにききかんがないようで、であいかたひとなみであればすぐにだとうなきかんにうったえるようなこともひとづま、なにもしないでうけながしてしまうのです。
けっかてきにであいかた、わるいひとはこんなわるいことをしてもおもてざたにならないんだめんじてもらえるならどんどんやろう」と、だいたんになってであいけいさいとをゆうこうりようしつづけ、れんたるかのじょひがいしゃがあとをたたないのです。
「だまってゆるす」といえば、じひぶかいひびきがあるかもしれませんがであいかた、そのふるまいこそがひとづま、はんざいしゃをぞうきょうさせているということをまずみつめなければなりません。
らんぼうされたさいにはすぐにれんたるかのじょ、けいさつでもだれでもそうだんできるまどぐちでもなにはともあれさきにそうだんしてみるべきなのです。

関連記事