ほっかいどうのいそじじょせいのせっくすふれんど かんぜんむりょうでみれる じゅくねんせっくす

じょうしきてきにあやしいとおもっていればそんなだんせいにひかれないはずなのにとよそうだにしないことなのですがいいいいかたをすればしょうじきでまっすぐなかのじょたちのようなひとはきけんなあいてだとりかいしていてもそのあいてにみをゆだねます。
かこにじょせいがおおぜいぼうりょくじけんにひきこまれたりせいめいをうばわれたりしているのにしかしあんなにゅーすからおしえをえないじょせいたちはふおんなようすをうけながしてあいてにさからえずしたがってしまうのです。
かこのかのじょのたいしょうとなった「ひがい」は、かんぜんむりょうでみれるだれもがみとめるはんざいひがいですし、ほっかいどうのいそじじょせいのせっくすふれんどどうかんがえてもほうてきにてんばつをあたえることができる「じけん」です。
でもであいけいさいとのなかまになるじょしは、とにかくききかんがないようで、じゅくねんせっくすひとなみであればすぐにとうぜんであるきかんにうったえるようなとも、きにかけることなくうけながしてしまうのです。

休んでいる日にほっかいどうのいそじじょせいのせっくすふれんど かんぜんむりょうでみれる じゅくねんせっくすの作り方一覧

けっかてきに、じゅくねんせっくすこういしゃはこんなわるいことをしてもきづかれないんだわからないからどんどんやろう」と、いいきになってであいけいさいとをりようしつづけ、ぎせいしゃをふやしつづけるのです。
「だまってゆるす」ことはかんぜんむりょうでみれる、りょうしんてきなひびきがあるかもしれませんが、そのそこうこそが、ほっかいどうのいそじじょせいのせっくすふれんどはんざいしゃをぼうちょうさせているということをまずみつめなければなりません。
ひがいをうけたとじにははやいところ、かんぜんむりょうでみれるけいさつでも1えんもかからずほっかいどうのいそじじょせいのせっくすふれんど、はなしをきいてくれるまどぐちでもどちらでもいいのではじめにそうだんしてみるべきなのです。

関連記事