はちのへ LINE けいじばん えんじぇるつーしょっと

うたがうこころがふつうにあればおかしなだんせいについていくことなどないのにとかんがえられないところなのですがいいいいかたをすればしょうじきでうたがうこころがないかのじょたちのようなおんなのひとはきけんなおとこだとはんだんしてもそのあいてのいいなりになってしまいます。
かこにじょせいがおおぜいぼうりょくじけんのみちづれになりいのちをなくしたりしているのにしかしこのようなにゅーすからおしえをきかないじょしたちはただならぬくうきをきにしないであいてのおもうつぼあわせるだけになってしまうのです。
かこのかのじょのくらった「ひがい」はLINE、どうみてもはんざいひがいですしえんじぇるつーしょっと、どうかんがえてもほうてきにせいさいをくわえることができる「じけん」です。
しかしながらであいけいさいとにいくおんなのひとは、どういうりゆうかききかんがないようでLINE、ほんとうならすぐにそれそうおうのきかんにうったえるようなことも、さらりとうけながしていしまうのです。

生粋のはちのへ LINE けいじばん えんじぇるつーしょっとは料金が・・・

けっかてきにえんじぇるつーしょっと、かがいこういをいったものはこんなわるいことをしてもかぎつけられないんだうけいれてもらえるならどんどんやろう」とけいじばん、ずにのってであいけいさいとをあくようしつづけ、LINEいやなおもいをするひとをふやしつづけるのです。
「だまってゆるす」といってしまうとこころがひろいひびきがあるかもしれませんが、はちのへそのかんがえこそが、はちのへはんざいしゃをおもいあがらせているということをまずきがつかなくてはなりません。
ぼうこうをうけたばあいにはただちに、けいじばんけいさつでもひようはかからず、はなしをきいてくれるまどぐちでもなにであれとにかくそうだんしてみるべきなのです。

関連記事