かいがい かんぜんむりょう あだるとちゃっと えろともだちつくるには

であいけいさいとをうんようするねんれいそうはどうしたことかはばがひろく、じゅっさいになりかけているねんだいでもであいけいさいとをはたらかせているひともいれば、ねんれいがたりないちゅうがくせいであるにもかかわらず、えろともだちつくるにはであいけいさいとをつかえるひとのめんきょしょうをかってにりようしてであいけいさいとにわってはいるようなじけんもあります。
またぞろ、ねんれいをさだめるのはこんなんこのうえないですが、たしか、ぐたいてきなすうじになるとあだるとちゃっと、おこさんからこうれいのかたがたまでのねんれいのひとびとが、えろともだちつくるにはおとなしかいれないはずのであいけいさいとをりようしているのではないかとおもっています。
またかいがい、であいけいさいとはるーるによって、あくせすできるねんれいをせいげんしているので、じょうげんのねんれいはもんだいありませんが、おとなとしてあそべるねんれいのしたは18さいからというがんこたるるーるやきそくがあります。

かいがい かんぜんむりょう あだるとちゃっと えろともだちつくるにはで素敵な恋を始める

にもかかわらず、わくわく・どきどきがだいすきなせだいであるじゅうだいはかんぜんむりょう、やっぱりしぜんにこどもがほんらいいれないであいけいさいとに、あだるとちゃっとあくせすしてしまうげんじつもんだいにあるのです。
いちばんおおくりようするねんだいはだいぜんはんにかなりのはんいをしめているとすいそくされましたが、かいがいじゅうだいからじゅうだいのちゅうねんといわれるねんれいのかたがたもかなりいて、70だいになりかんぜんむりょう、こころのくうはくをかかえただんせいがうんようしているれいもややまえからすくなくなくなりました。
「うそじゃなくほんとうに、たくさんあるねんれいそうがであいけいさいとをきようしてるの?」ときもがつぶされるかもしれませんがかんぜんむりょう、いっぱんうけしやすいもののようにじゅくねんりこんがぞうかし、ふうふかんけいがなくなったひともいるいまではかいがい、こどくやひとりぼっちのかこくさにたえることができず、であいけいさいとをきもちのよりどころにするこどくかんをいやせないねんれいそうがどうしてもしぜんなことになっているのです。

関連記事