であい むりょう ひとづま かんぜんむりょうせっくすふれんどさいと

あたらしいであいがてにはいるばをりようするひとにといかけてみると、ほぼぜんいんが、こどくにたえきれずかんぜんむりょうせっくすふれんどさいと、みじかいあいだでもかんけいがきずければひとづま、それでかまわないというきもちでであいけいさいとをつかっています。
いってしまえば、きゃばくらにいくおかねをはらうのがいやで、ふうぞくにかけるおかねもだしたくないから、ただでつかえるであいけいさいとで、「てにいれた」じょせいでてごろなかかくでまにあわせようかんぜんむりょうせっくすふれんどさいと、ととらえるだんせいがであいけいさいとをもちいているのです。
だんせいがそうかんがえるなか、「じょし」さいどはことなったかんがえかたをそなえています。

であい むりょう ひとづま かんぜんむりょうせっくすふれんどさいとでビッチを見つける方法

「あいてがとしうえすぎてもいいからであい、おかねもちでかじをしてくれるひとをかれしにしたい。であいけいなんてやってるおじさんはもてないきみばかりだからむりょう、じぶんていどのじょせいでもてのひらでおどらせるようになるんじゃないの?ひょっとしたら、たいぷのひとがいるかも、きもめんはむりだけど、たいぷなひとならあってもいいかな。じょせいの8わりいじょうはこのようにかんがえています。
つまるところ、じょせいはだんせいのみためかみついでくれることがめあてですしであい、だんせいは「やすいじょせい」をねらいめとしてであいけいさいとをつかっているのです。
りょうほうともひとづま、やすくおかいものがしたくてであいをのぞんでいるようなものです。
さいしゅうてきにむりょう、であいけいさいとにはまっていくほどに、であいおとこどもはおんなを「もの」としてかちづけるようになり、かんぜんむりょうせっくすふれんどさいとじょせいもみずからを「うりもの」としてみなしていくようになり、かんがえかたがへんかしてしまいます。

考え深いであい むりょう ひとづま かんぜんむりょうせっくすふれんどさいとを応援!

であいけいさいとをもちいるひとのけんかいというのは、じんわりとおんなをいしのない「ぶっしつ」にしていくかんじのあやうい「かんがえかた」なのです。

関連記事