しゅみ ともだち SNS めるとも あどれす

いぜんしょうかいしたきじにはSNS、「であいけいさいとでけっこうもりあがったのでしゅみ、たのしみにあいにいくとはんざいしゃだった」といったけいけんをしたじょせいのはなしがありましたが、そのごこのじょせいはなんと、だんせいとおわりにならずにつきあうてんかいになったのです。
そのときのじょうきょうが、SNS「だんせいがあやしそうで、たったらやばいとかんじひとまずついていっただけ」とのはなしだったのですが、はなしをききすすんでいくと、あどれすふつうのひとにはないぶぶんをかんじてわかれようとしなかったようなのです。
どのようなはんざいをかれがおかしていたかというとめるとも、たんとうとよべるようなさいずのはものでさしたあいてはじぶんのおやというじけんですから、きけんだとかんじてもおかしくないとこころのなかではかんがえるばあいがあるでしょうが、おんこうにかんじるぶぶんもあり、じょせいにたいしてはやさしいところもあったので、きをゆるせるあいてだとおもって、しゅみつきあうことになったということでした。
そのままうまくかんけいがつづいたかというとSNS、きがつくとふしんなこうどうをしているときがあったのでともだち、あやしまれないようにだまっていえをでて、にどとあわなくてすむようにしたとかのじょははなしてくれました。

ちょっとだけ知りたいしゅみ ともだち SNS めるとも あどれすの現状について

もうふたりだけでいることがふあんにおもうことがおおくなり、ともだちだんせいとくらしていたいえから、ほんとうににげるようなじょうたいできのみきのままででてきたとのことでしたが、どうもたんにこわいとかんじるきもちがあったということだけではなかったようで、あどれすすこしでもなっとくできないことがあるとしゅみ、ちからにたよろうとしたり、めるともぼうこうだってきにしていないようなたいどをひんぱんにしていたのでともだち、じょせいはおかねもわたすようになり、おねがいされるときくしかなくなり、せいかつをするのがふつうになっていたのです。

関連記事