F2むりょうふうふ じゅくじょふりんこくはく

であいけいさいとというものはしょあくのこんげんになるととうぜんであるとおもっているひとのかずがずばぬけておおいはずなのですがであいけいのこみゅにてぃーはねっとのせかいからまっしょうされるどころかひびあたらしくふえているけいこうにあります。
こうしたことから、まだねっとのつかいかたというもののこわさをあじわったことがないこどもたちは、かるいきもちでであいけいさいとのせかいにあくせすしF2むりょうふうふ、まよいこんでそのままとんでもないひがいにあうこともかんがえられるのです。
ねんれいせいげんのかくにんや、じゅくじょふりんこくはくけいじばんりようのかくにんなど、じゅくじょふりんこくはくさまざまなかたちでのせいやくがあったとしても、まだまだねっとのかんきょうは、「みじゅくなふほうしんにゅうしゃ」をゆるしてしまうすきまがあるままです。

各地ではF2むりょうふうふ じゅくじょふりんこくはくを求める

であいけいというものをねっとからとりのぞくためにはまずこのしんにゅうしゃたちをはっせいさせないことがひつようなのです。
そうするためには、まずはであいけいさいとじたいをりようさせないようにきょうかすること、そういうかんがえをしめすことがであいけいのこんぜつにつながります。
だいたいにして、ねっとのせかいのおそろしさについてをおやせだいがこどもたちにおしえていくことがとうぜんにならないかぎり、じゅくじょふりんこくはくちいさなこどもはであいけいさいとのぎょうしゃにだまされてみちをはずすことになります。

この男性がF2むりょうふうふ じゅくじょふりんこくはくでやらかしてしまった体験談

そのごF2むりょうふうふ、だまされているとはりかいできないこどもがふえてしまえば、F2むりょうふうふなおであいけいぎょうしゃもそのあくしつなてぐちにめをつけるのです。
だまされるひとたちをけさないかぎり、であいけいさいとがしょうめつすることはありません。

関連記事