かれしのきょうだいにあう ひとづまてれふぉんつーしょっと

であいけいをみないひがないというというひとのとくちょうはひとづまてれふぉんつーしょっと、ひとりだけのさびしいせいかつをおくっていて、もはやだれにたいしても、そこににんげんてきなかちがないとおもいこんでしまうというあきらめたようなしてんをもっています。
にちじょうてきにであいけいをりようしているひとは、れんあいかんけいがどうというよりも、おやのあいじょうがかけたままそだっていたり、ゆうじんとのかんけいについてもまずいじできないというひとばかりなのです。
そんなひとたちのきょうつうじこうは、ぶがいしゃがみると、かれしのきょうだいにあうごくふつうのじんぶつでありひとづまてれふぉんつーしょっと、とくにふあんなどはなにもないようにかんじてしまうところなのですが、かれしのきょうだいにあうとうにんはそうはおもっていません。
あたらしいにんげんかんけいをおそれるけいこうがあり、かていのないぶでのかんけいも、ゆうじんとのかんけいをもつことも、しょくばでのかんけいも、れんあいといういみでのにんげんかんけいも、ながくつづけるといういしもなく、かれしのきょうだいにあうそういったけいれきからむいしきにいせいをとおざけている、というようなたいぷのひとがかなりのかずいることでしょう。

かれしのきょうだいにあう ひとづまてれふぉんつーしょっとでの100の出会い方

かれらのようなかんがえのひとたちのあたまのなかでは、であいけいさいとというばしょはゆいいつきらくでいられるところなのです。
であいけいさいとのなかでのかんけいは、ながくつづくことはまずないのがけーすとしておおいからです。
ほぼすべてが、ほんきのぱーとなーとはいえないかんけいしかえることができないので、はってんもしなければもんだいにもならず、さいしょのもくてきだけおわればそこでおわるのもとうぜんです。

公園でかれしのきょうだいにあう ひとづまてれふぉんつーしょっとの汚い一面

であいけいというとくしゅなくうかんにとにかくむちゅうになっているひとは、にんげんかんけいをきずきあげるということをじぶんにはかんけいないとかんがえているひとたちで、しんようできるだれかができれば、であいけいというしすてむからははなれていくひとがおおいのだそうです。

関連記事