しゅふてれくら わりなしえんじょなしのせっくすふれんどけいじばん

このたびは、わりなしえんじょなしのせっくすふれんどけいじばんねっとじょうのこみゅにてぃをかつようしているじゅうだいからじゅうだいまではばひろいじょせいにしゅざいさせていただきました。
めんばーについてはわりなしえんじょなしのせっくすふれんどけいじばん、おっとだけではものたりないA、みつまたせいこうちゅうのぎゃるっぽいB、きゃばくらじょうをしているDしゅふてれくら、それと、こくりつだいにざいせきしているE。ぎんざのりふれくそろじーさろんでおうたいをしているC、
ほんとうのところ、じゅうだいじょせいにしぼってごにんをしゅうごうさせたかったんですがいきなりきゃんせるがはいってしまい、きてんをきかせてえきまえで「であいけいさいとにかんするいんたびゅーをしたいので、じかんをいただけないか」となんじゅうにんかのじょせいをあたってみて、あやしいせーるすにもいやなかおをせずにいたじゅうだいのEさんふくめごにんにしゅざいをかんこうしました。
だいいちにしゅふてれくら、ひっしゃをさえぎってしつもんをはじめたのはさんにんのだんせいをもてあましちゅうのBさん。

ぎらぎらしたしゅふてれくら わりなしえんじょなしのせっくすふれんどけいじばんの選び方

B(じゅうだいのぎゃる)「であいけいさいとについては、「みんなどういうけいいであかとるんですか?わたしはおかねがひつようでいまはさんにんからえんじょしてもらってます」
たのしくてたまらないようすでかたるBさんに、あとのじょせいもこんわくしながらじぶんのはなしをはじめました。
A(はいぐうしゃあり)「わたしについてはしゅふてれくら、ただたんにうわきにきょうみがあってあかうんととったんですよ。せけんいっぱんでははずかしいことってわかるけど、じぶんからねっとでぼしゅうかけてしまいます。」
B「ちょっとでもあくせすしたらやみつきになりますね」

実際にあったしゅふてれくら わりなしえんじょなしのせっくすふれんどけいじばんを想像してみる

ひっしゃ「おかねがだいでであいけいさいとをはじめるじょせいはすくなくない?」
B「それいがいにこんなにいぞんしませんよ」
そこでほすてすとしてはたらくDさんがさらっと、だんせいさいどにはしょっきんぐなじじつをいいました。

関連記事